スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”――ふたつめ、みっつめがある。だから初恋なんだ。”

発売日:2006/09/22
ジャンル:はーど純愛ADV
OHP:http://www.mixed-up-web.com/str/str.html

■スタッフ
原画:やすゆき
シナリオ:七烏未奏
サウンド:I.O.Sound

■歌
OP:StarTRain - 遊女
ED:Promisedland - 遊女

■ヒロイン
・遠日奏 CV:風音
・夢原飛鳥 CV:みる
・神崎蓬 CV:長瀬桃花
・羽田七美 CV:安玖深音
・藍田奈美 CV:安玖深音

■他
修正パッチはこちら↓
http://www.mixed-up-web.com/support.html



”一つの恋の終わりから始まる物語。”
とゆーコピーに騙されてプレイ。

全然この設定活かせてなくね?
正直あんまり面白くなかった。

プレイ前は奏がエウレカに似ててかわいいなあ(立ち絵が)と思ってたんだけど。
やってみたらなんか扱い酷いし。
とゆーか主人公がつまらん。
中二臭いとゆーか。青臭いんだ。悪い意味で。
ライターさんの自分哲学みたいのと俺の考え方が合わなかっただけなのかもしれんが。
どうも微妙だった。

シナリオもありがちな展開だし、変に青臭くて入り込めなかった。
ピンポイントでは良いシーンもあったけど、ピンポイントであっても感動するわけなし。


ネタバレなので多くは語りませんが、
問題の七美シナリオも狙いすぎとゆーかなんとゆーか。いまいち盛り上がれんかった。
唐突に現れたキャラに壮絶な設定があっても感情移入できねーよ。


音楽はまぁまぁ。
OP曲は一昔前の正しい日本のロック風で、キャッチーなメロが耳に残る。
でも歌詞がイタい。
いや、この歌詞のイタさも含めて一昔前の正しい日本のロック風なんだな。うんうん。


”一つの恋の終わりから始まる物語。”なんてコピーがなければもっと違った評価になったかも。
このコピーを見て「へぇー、珍しい設定。面白そうだなあ」と思ってプレイしたので、なんだこりゃ?とゆー感想になってしまった。

内容がともなってないキャッチコピーを作るな!
いや、たしかに読んで字の如く”一つの恋の終わりから始まる物語。”だったけど、本当に読んで字の如くじゃん!ひどいよ!うわーん。
以上!
せば!

written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。