スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
――次の週末に人類は滅亡だ。

発売日:1999/04/09
OHP:http://www.abopa.net/product/shuu/
もしくはhttp://www.abopa.net/product/shuu/ssyu.htm

■スタッフ
原画:小池江里加
シナリオ:大槻涼樹
サウンド:矢野雅士

■歌
歌なし

■ヒロイン
・宮森香織
・大村いろは
・敷島緑
・大塚留希
・瑞沢千絵子
・稲穂歌奈
(ボイスなし)

■他
登場人物全員眼鏡w

OHPに修正差分あり。

2003/04/24にDVD版発売。他にMSX版(!!)とDVDPG版がある(DVDPG版のみボイスあり※キャストは以下の通り)
・宮森香織(楠鈴音) ・大村いろは(韮井叶) ・敷島緑(一色ヒカル) ・大塚留希(児玉さとみ) ・瑞沢千絵子(榎津まお) ・稲穂歌奈(金田まひる) ・ナレーション(如月葵)
案外豪華キャストで驚いた。



超雰囲気ゲー。

およそエロゲらしからぬ作品。
絵も音も何もかも。

もうなんつーか、ただの読み物。しかも超短い。
でもすげー良い。
殺伐とした雰囲気がなんとも言えない哀愁。たまらん。

「週末」と「終末」をかけたタイトルなんだけど、まさにその通りの内容。
今週末で世界が終わる。とゆーすごい設定にも関わらずその原因も結末も何も描かれない。
何の説明もないからこそ、この独特の雰囲気になってるんだと思う。

一つの物語があって、その中のほんの一部だけど切り抜いたような作品。
この表現とゆーか、発想は面白い。
モノ書きしてる人とかは読んでみたらいいかも。
こまごましたむずかしい設定なんてなくても、何か伝わってくるものがあった。


手抜きとか未完成とかゆー意見もあちこちで見かけるけど。
いやいや、これはこれでいいんじゃないですか。
俺は良いと思う。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。