スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れ物・・・まだ見つからない

発売日:2001/07/27
ジャンル:「夏」AVG
OHP:http://circus.nandemo.gr.jp/sakuhin/suikahp/main.html(直リン)

■スタッフ
原画:七尾奈留、いくたたかのん
シナリオ:呉一郎、御影
音楽:猫野こめっと、tororo

■歌
OP:Fragment ?The heat haze of summer? - KAMIN
ED:Fragment ?Thought to wish to the starlit sky? - 倖月美和

■ヒロイン
・水瀬 伊月 CV:長崎みなみ
・白河 さやか CV:鳥居花音
・柾木 茜  CV:日向裕羅
・京谷 透子 CV:西田こむぎ
・名無しの少女 CV:春野日和

■他
曲芸とゆーことで。関連商品大杉。A.S+とかA.S+ Eternal Nameとか。
たぶん一番最後に出たのが一番色々入ってるんじゃなかろうか。シラネーヨ。

ちなみに自分がやったのは無印。



まだ七尾奈留がサーカスにいた頃の古いゲーム。
どーでもいいけどこの頃の七尾奈留の絵の躍動感のなさに泣けてくる。
今でも動きのある絵はけっこうひどいが。

で、水夏。
微妙に不思議系な短編4シナリオ。とゆー構成。
一応、一章?四章と順番に読むんだけど、シナリオの一貫性はまるで感じられん。
舞台が同じ村。とゆー程度。
けっこう暗めなシナリオが多いけど特筆するほどでもないかと。

シナリオはまぁまぁなんだけど、ちょっと薄い感じ。
短編×4とゆー構造上、1つのシナリオが短いのでしょうがないといえばしょうがない。
盛り上がりには欠けるけどそれなりには面白かった。
夏の雰囲気はいい感じに出てる。良夏ゲー。

強いて言うと3章が一番印象に残った。読ませ方が面白い。
あとサーカスにしては萌えに特化しすぎてないところは◎


そしてBGMがなにげに名曲揃い。
夏ゲーのBGMとしてはかなり高評価。
「夏風」とかいつ聴いても夏になる。BGMはいいな。ほんと。
OPもそれなりに名曲なんだけど、作品とは合ってないかなーと。

総括すると、良かったんだけど。とゆー感じだろか。
「だけど」が付いてしまうくらいの良さ。
いや、嫌いじゃないんだ。水夏。
むしろサーカスの中なら一番好きかも。

tororo氏嫌いなのでtororo氏が関与したゲームだからそう思ってしまうんだ。きっと。
ちくしょう。tororoめ。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。