スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙は心の汗だから…ほとばしれ青春!!

発売日:2001/08/31
OHP:[通常]http://www.elf-game.co.jp/net_shop/soft/special/yukinojou/yukinojou.html(直リン)
[DVD-ROM版]http://www.elf-game.co.jp/net_shop/soft/special/yukinojou/yuki_dvd.html(直リン)

■スタッフ
原画:ながせまゆ
シナリオ:井上啓二
音楽:山本秀樹

■歌
ED:Rebirth - 鷲辺香与

■ヒロイン
・春日せりな
・久保晶子
・間部由希
・新島早苗
・杉崎玲於奈
・小松原妙子
・牧野詩織
(キャスト不明)

■他
キャスト不明なんだけど主人公以外フルボイス(男も)

環境によっては(CD-ROM版でXPの場合)専用インストーラーが必要。
例によってここらへんに↓
http://www.elf-game.co.jp/user_support/sup_02_a.html



略称はわからん。
タイトルからしてボクシングゲーム。と思ったら違った。
学園モノ恋愛AVGですな。

一見した感じビジュアルノベルなんですが。
そこはやはりELFのAVG。
まさに「攻略」する感じ。ものすげえ選択肢の量。
最近の2?3回選択肢選んだら個別ルート入ってひたすら読むだけの「ビジュアルノベル」とは大違い。
ゲーム前半の選択肢で攻略キャラを決めて、後半の選択肢で選んだキャラを「攻略」する感じ。
それはもう近年のゲームに慣れてたら本気で面倒臭くて脱落してしまいそうなほどに。

難点はED数がハンパじゃないこと。
1キャラにトゥルーとバッド以外にも2?3個の中途半端ENDがある上にEDコンプリート一覧みたいのがあるのでやらずにいられない。
結構な作業量で、ハンパなく面倒臭い。

原画のながせまゆって七瀬葵さんのことですな。
立ち絵とかもう、めっちゃいい味出しててたまらん。すげー表情豊か。
最近の萌えればいいみたいな絵師はこーゆーのを見習わないとあかん。
まぁ時代が時代なんで塗りとかはまさに当時!って感じだけどそこもまたいい味。

で、シナリオ。
全体的には悲壮感の漂う暗いシナリオ。君のぞみたいな。
ただコメディ色もかなり強いので笑える。ギャグのキレも一級品。さすがだわw
特にメインヒロインのせりなは暴走系キャラなんだけど、まじでいい味だしまくり。
こーゆーキャラを活き活き描くってのはすごい。
冒頭、訳あって暗い(エルフ史上最も暗い主人公らしいw)が、だんだん心を開いてクライマックス頃には結構明るさを取り戻す。とゆー描写とか、すごい。
読んでて、まるで違和感なく自然にだんだん回復してくとことか。文章力ありすぎ。
なんとゆーか非常にバランスがよい。メリハリもしっかりしてる。

一応ボクシングに絡んだストーリーだけど、実際にボクシングをするシーンはほとんどない。

すごいピンポイントな話になりますが、
当時のエルフとゆーかこの頃のAVGにありがちとゆーか。
【選択肢】
>屋上
 教室

「屋上か・・・それもいいな。よし、屋上へ行こう」



「屋上へきたぞ」

みたいなノリがなんともたまらん。やっぱいいわwこのノリw
お前誰と喋ってんだよ的なw
そして主人公は前髪で目が隠れているとゆーお決まり。たまらんw


あと声優さんが熱演がえらいことに。
まじうめぇ。全キャラ。すげえ。
声がカワイイとか顔がカワイイとか。そんな声優はクソだな。お前らあしたの雪之丞をやれ。見習え。
やっぱこの頃はすごい作品多い。ちゃんと作ってる。


君のぞに似てる。と上で書きましたが、同年発売でどっちをとゆーなら迷わず「あしたの雪之丞」です。俺は。

とゆーか、あしたの雪之丞には続編がありまして。そっちと合わせてまさに一つの作品として完成されるわけです。
無印だけやっても結構面白いけど、まぁ2がエルフ史に残るほどの名作なので。
やはり2をやるために1をやる。とゆーのが正しい。

とゆー訳で2へつづく。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。