スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賑やかで、眩しくて、滅茶苦茶な――
忘れられない日々が始まる。

発売日:2008/08/29
ジャンル:真夏の学園で恋を謳歌するAVG
OHP:http://www.pulltop.com/gp07/

■スタッフ
原画:たけやまさみ
シナリオ:椎原旬、下原正

■歌
OP:Try on! - NANA
ED:てとて、ぎゅっと - NANA

■ヒロイン
・織原夏海 CV:宮坂結衣
・十倉手鞠 CV:羽沢月乃
・蓮見一乃 CV:沢井春香
・胡桃沢鈴姫 CV:秋月まい

・藤ヶ峰芹菜 CV:松田理沙
・葉山鷹子 CV:青山ゆかり
・葉山鳩子 CV:芝原のぞみ
・倉田ちさと CV:初島さとみ
・瀬名優 CV:茶谷やすら

■他
特に茄子。



略称はよくわからん「てとて」とか「てとてト」とか。そのへんかしら。
どっかで「とてとてオンライン」って言ってるの見かけたけど、全然略してねーよ。むしろ長くry

自分的にこの夏一番の期待作。
で、結果から言うと期待通りでした。


なんか「よかったけど短い」とゆー声をちらほら見かけますが、
だらだらと長ったらしいのは嫌いなのでむしろちょうど良かった。

傾向としては完全なエンターテイメント系。いわゆるドタバタコメディ。
腹筋切れるほど大爆笑させるわけでもなく、涙腺崩壊するほど泣かせるわけでもなく。
どっちの要素もほどよく、非常にテンポよく読める。
「楽しい」とゆー点においてこれほど特化した作品は他にはちょっとない。ような。

全体を通して激しくテンションが高い。けど妙に癒される。
かなりいい世界。良いです。
優しい雰囲気ばかりが「癒し」じゃないのですよ。
ハイテンションな「癒し」もあるんですよ。ダンナ。


一番特筆するべき点はキャラクターでしょーか。
無駄に萌え?って感じではなく、ひじょーに魅力的に描かれたキャラクター。
夕方のアニメでやってそうなノリですかね。たまらん。
絵も良い。非常に良い。
声優さんも非常にナイスキャスト。申し分なし。

シナリオなんてあってないようなもんで、立ち絵と声だけでキャラメイクしてるようなキャラ萌え特化ゲーとは出来が違う。
安易に特徴的な一人称とか語尾とか変な口癖をオプションするんじゃなくて、ちゃんと細かい言動も含めてキャラが立ってる。
それがシナリオに絡んでキャラが活きてる感じがすばらスィー。
早い話、すげーイキイキしてる。

主人公も◎
同メーカーだけあって『ゆのはな』の拓也に近いかも。
妙に元気でテンション高い奴。やるときゃやる。

登場キャラ数多いし、個別ルートに入るまでは恋愛とか程遠い友情の話なんで、予習なしでやったら誰が攻略対象なのかわからないんじゃないだろか。
出てくる女キャラはなんでもかんでも攻略対象!!とかは逆に萎える人なのでそのへんも◎


なんとゆーか、いい作品なのですが。ええ、とても良いのですが。
主人公含めキャラも世界もあまりにさわやかすぎて「なんだ俺。なに部屋で一人でゲームやってんだ」と、現実に戻ってしまった時に激しく虚しい気分に('A`)


ちょっと特殊な学校で委員会(生徒会)ネタ。とゆー点でなんとなく『委員長は承認せず!』を思い出した。
あと似てるかなーと思ったのは『パテにゃん』とか『ゆのはな』あたり。
おバカでアッパーな感じは近いかも。
この辺好きな人だったらまず問題なかろうかと。


で、俺の今の着メロはてまーボイスなわけです。
「てまままままま」

あぁ、周囲の人の目が痛い・・・。
でも、てまーはやめられない。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。