スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私、お兄ぃのこと好きだよ。
 どうしようもないぐらい好きみたい!」

発売日:2007/10/26
OHP:http://www.sky-fish.jp/harutoma/harutoma-index.html

■スタッフ
原画:蔓木鋼音、唐辛子ひでゆ
シナリオ:素浪人、巳無月麗羅

■歌
OP:SEVEN COLORS - みとせのりこ
ED:なみのうた - みとせのりこ

■ヒロイン
・桃谷春音 CV:中家志穂
・香夜冬子 CV:風音
・金田秋穂 CV:藤森ゆき奈
・浦島夏乃芽 CV:青葉りんご
・籠女 CV:青葉りんご

■父親
・沖奈亘 CV:生類憐(子安武人!!)

■他
特になす。



昔の自分の生活はとゆーと、
起きる>エロゲ>飯食って風呂入って寝る>起きる>エロゲ>・・・
って感じだったのでちょっと気になったら全部やってましたが。

最近はそーも言ってられないので、やるゲームはそれなりに厳選してるわけです。
評価サイトとか2ちゃんとか見て。面白そうだなと思ったのだけやってます。

で、エロゲ屋をふらふらしてたら、
Σ「かがみんが!髪の毛の色違うかがみんがっ!!」
で、プレイ。

厳選。してます。


通称『はるとま』もしくは『はるどり』
上記の通りパケがあまりにもかがみんだったので思わずやってみた。

最初にびびったのは父親の声。
「え?これ子安じゃね!?」
ググってみたら子安でした('A`)


で、ゲームの内容。
かがみんと思ったキャラの正体は春音とゆーメインヒロインの妹キャラでした。謎は全て解けた。

そのメインヒロインの春音がもう!個人的には超絶萌え妹でした。まいった。
妹!そして微ツンデレ!釣り目!ツインテール!ブラコン!
どこに文句を言えばいいのかわかりません。
特におだんご春音はもう。もう!!
これはまさに究極としか言いようがない。

ぶっちゃけ最初に春音ルートやって。
次に他のルートやろうとしても、どうしても春音が悲しむような選択肢を選べずに何度も何度も春音ルートを・・・。
あぁ、俺はもうダメかもしれん。


で、まぁ最終的には心を鬼にして全ルートやりましたが。
正直な感想は、つまらん。以上。

何か意味のありそうな舞台設定が結局全然生きてこない。何の意味があったんだろうか。
あと主人公の性格おわっとる。なんだこいつ。
普段はわりと普通なのに、エロシーンになるとドS。うぜえ。
一体このメーカーは何がしたかったのか。よくわからん。

シナリオは春音メインで描かれてるから、他のシナリオは何か取って付けたような感じ。
とゆーかシナリオの話をしたら春音シナリオもつまらん。キャラが可愛いだけ。

春音にキャラ萌え出来ればいいけど出来なかったら駄ゲー極まりないんじゃないのかコレ。
(自分は春音に萌え極まったのでその辺はどーでもいいけど)

全体的な雰囲気とか、音楽、OPムービーあたりはまぁそれなりに良い。
上記の通りあんまり意味があったとは思えないけど、水浸しの世界も独特な雰囲気があって良かった。
あと春音が可愛すぎて死ぬ。
あと春音が可愛すぎて死ぬ。

春音萌えゲー以外の何物でもない。
以上。


とゆー感じで。春音壁紙でやんす。
はるかぜどりに、とまりぎを。 壁紙 春音01 はるかぜどりに、とまりぎを。 壁紙 春音02


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。