スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あったかい『ままらぶ』いかがですか?

発売日:2004/10/29
ジャンル:一つ屋根の下愛情たっぷりAVG
OHP:http://www.hermit-game.com/h02/index.html

■スタッフ
原画:ヤマ♥びっこ
シナリオ:丸戸史明 with 企画屋

■歌
OP:わがままLove me do! - 理多

■ヒロイン
・藤枝涼子 CV:まきいづみ
・藤枝小雪 CV:韮井叶
・クリスティーナ・ホステトラー CV:カンザキカナリ
・菊永瑠璃 CV:茶谷やすら
・秋月かおり CV:一色ヒカル

■他
修正パッチはここ!
http://www.hermit-game.com/mSupport.html



とりあえず自分は年上系のキャラにまるで魅力を感じない。
前にも言ったけど「○○(ねぇ)」とかもう勘弁してくれ。そして声が一色ヒカル。オワタ。とゆー感じでして。(いや別に一色ヒカルは嫌いじゃないんだけど姉キャラやってる率がすごいじゃないですか!)
そんなだから、教師キャラとかもう。本当に興味ないけど一応全ルートやるかぁって感じでいつも嫌々やってるくらいに。どーでもいい。

じゃあどんなのが好きなんだって言われたら。
そりゃもう妹であって。最近は自分的にツンデレブームが巻き起こっているので
ってどーでもいいな。そんな話は。

そんなわけで『ままらぶ』=母ネタ!
これはもう完全にタイトルからして興味がなかったんだけども。
「あ、ライター丸戸なんだ。じゃあいっちょやってみっか!」
で、プレイ。
どんだけ丸戸信者だよ!


で実際にやってみたら、
面白かったです。えぇとても面白かったです。
何かアメリカのホームコメディを意識したような感じで。
なんかギャグを言うといちいち観客?の笑い声のSEが入る(フルハウスとかみたいな)
うざいのでOFFでやりましたが。
その上HERMITのお決まりである一話一話毎にOP、EDが入る。とゆー演出も手伝ってかなりTV番組でも見てる雰囲気。

肝心のシナリオはとゆーと、やはりホームコメディ仕立てでほんわか。とゆーかドタバタ。
どのキャラクターもなにげにいい味出してる。
ノリ、テンポともに良い。時々シリアスもあって凹凸のバランスもなかなか。
シリアス展開しても、結局最後は笑っておしまいって感じ。その辺も含めてホームコメディ。
こーゆーノリは良いなあ。微笑ましい。


とゆーかまきいづみゲーとして何か高評価を得てるようです。
母ネタとゆー最高に苦手な部類なのに楽しめたのは、メインである涼子さんの声優がまきいづみだったってのはたしかにでかい。
まきいづみ時空おそるべし・・・。

食わず嫌いイクナイ!と思わされたタイトル。
ちゃんとやってみないとわからんよね。実際。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。