スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは本来起らないはずの出逢いだった

発売日:2003/12/12
OHP:http://fandc.co.jp/product/konakana/

■スタッフ
原画:しゃあ
シナリオ:健速
音楽:I've

■歌
OP:Imaginary affair - KOTOKO
ED:こなたよりかなたまで - MOMO

■ヒロイン
・クリステル・V・マリー CV:春瀬みき
・佐倉 佳苗 CV:風音
・九重 二十重 CV:一色ヒカル
・鹿島 いずみ CV:紫苑みやび

・朝倉 優 CV:香月

■他
健速乙



通称『こなかな』
らき☆すたの母娘のことではないので要注意!!

まぁなんとゆーか。
設定からしてこれなんて月姫?とゆー感じ。
ある日突然主人公の元に突然吸血鬼がやってきて?なんやかんや?とゆー話。
そして主人公は末期癌で、そろそろ死ぬの確定してるとゆー設定。

何もかも唐突すぎて、全然感情移入できず。

もうすぐ死ぬのに普通の日々を過ごしたいと願う主人公の苦労と心意気はちょっとええ話やん。とゆー感じもしますが。
ゲーム開始の時点からいきなりそんなこと言われてもついてけないです。
しかも主人公の名前が『遥 彼方(はるか かなた)』ですよ。
ひでえ名前。

で、突然吸血鬼が現れたと思ったら何か人外の者が襲ってきたり女子高生が鎌振り回したり。
何もかもが説明もなしに唐突に展開。
なんでこんなゲームが結構高評価されてんのかわからん。
まぁ健速だからな。しょうがないよ。
健速乙。


主題歌はけっこう良い。BGMはなんかジブリっぽい雰囲気。
音楽面は小奇麗にまとまってて悪くはない。

シナリオは短い。あっつーまに終わる。そりゃあれだけ突然展開すりゃ短いよ。
ネタバレになるので曖昧に書くけど、トゥルーの最後に取って付けたような説明があるのが余計に寒かった。

本当にこのゲームを高評価してる人の意味がわからん。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。