スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日:2006/02/24
OHP:http://www.clearrave.co.jp/product/mosiraba/index.html

■スタッフ
原画:くすくす
シナリオ:NYAON
音楽:樋口秀樹

■歌
OP:もしも明日が晴れならば - WHITE-LIPS
ED:あなたを照らす、月になりましょう - WHITE-LIPS
挿入歌:凪 - WHITE-LIPS
挿入歌:雛鳥 - WHITE-LIPS

■ヒロイン
・野乃崎明穂 CV:西田こむぎ
・野乃崎つばさ CV:みる
・湊川珠美 CV:AYA
・千早 CV:まきいづみ

・香坂彩乃 CV:一色ヒカル

■他
何か中古価格がえらいことになってるとかなってないとか。
なぜか知らんがプレミアゲーと化してるらしい。なんで?w



通称「もしらば」

一応泣きゲーの部類に入るんだろか。
設定的にはB級ファンタジー作品といった感じ。

メインヒロインである明穂が冒頭とゆーかプロローグで突然死んで。
んで幽霊になって戻って来てなんやかんや?とゆー話。
およそ全6章(+αあり)の構成で、各章ごとにしっかり区切られる。
次回予告みたいなものが各章の合間に入ったり。
まぁ、こーゆー演出はけっこう好きなので。アリです。

特筆するべきところは個人的にはシナリオより絵と音楽でしょーか。
くすくすさんの独特なタッチはかなり作品に合ってて良い。
ゆるい雰囲気。
音楽もめっちゃ作品に合ってる(とゆーか絵と音楽で雰囲気作ってんのかな)
OPからいきなりすごい白さ。さすがWHITE-LIPSなのであった。
挿入歌の使いどころは相当うまい。
ピンポイントだが鳥肌レベル。

WHITE-LIPSは岡崎律子とか好きな人ならきっと好きになると思う。
その名の通り白い音楽。なにか死にそうな雰囲気なのです。


全体的にはのほほんとした内容の薄いゲーム。
そりゃ後半はそれなりの展開はあるけど、日常シーンのほのぼの雰囲気の方が印象強い。

何より、俺は極度のおばけ属性萌えなのでふわふわ浮いてる明穂に萌えた。
いっそ足なんてないグラフィックだったらもっと良かったのに。

とゆーかもう、付き合い始めたとたんに死ぬ秋穂。
それってすでに両想い(この言い方なんとかならんのかw)なわけで。
他のルートはもう、何か浮気?二股?みたいなもんじゃないか。と思ってしまう俺なのです。

と思ったら千早の方がメインヒロインなんじゃねーのかとゆーシナリオで。
なんとも複雑な気分になった。


キャラクターは結構良い感じ。
地味な印象を受けがちなくすくすさんのイラストですが、よくよく見ると表情豊かで良い出来。
髪型とか髪の色とかも良い意味で地味。作品の雰囲気をすごく良くしてる。

主人公はかなりつまらん。ここで減点。
鈍感な上に妙にタンパクで愛せなかった。


作品全体から漂う静かな雰囲気はすごい。しんみり。
特別田舎が舞台ってわけじゃないのに、なぜか田舎ゲーだったような気がする。
そのくらい素朴な雰囲気。素朴ゲー好きにはたまらん。


written by いんやん
こんw初カキですw
よろしく<(_ _)>
誰か知らんけどコメントどーもです。
ヘ(ヘ_ _)へ カサカサ

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。