スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるぎないもの。かけがえのないもの。
てばなしたくないもの。
どうしようもなく、うしないたくないもの。

発売日:2002/06/28
OHP:http://www.basil-soft.jp/info.html ←完全版サイト(旧サイトは閉鎖済み)

■スタッフ
原画:西又葵
シナリオ:王雀孫、あごバリア

■歌
OP:days - 2G70
ED:dear - Nori
挿入歌:beloved ?桜の彼方へ? - spanky
挿入歌:style - YURIA

■ヒロイン
・星崎 希望 CV:佐々留美子
・雪村 小町 CV:九条信乃
・八重樫 つばさ CV:櫛引絵里
・里見 こだま CV:高山沙希
・森 青葉 CV:楠木真理

・結城 ひかり CV:楠木真理
・芹沢 かぐら CV:井原早紀

■他
修正パッチあります(メーカーサイト閉鎖済みなので「りぺあ」あたりで探すべし)



通称『それ散る』
いろんな意味で伝説の作品。

そもそも「それ散る」は「けれど輝く夜空のように」とゆー続編ありきで作られたゲームであって。
『それは舞い散る桜のように、けれど輝く夜空のように』となるはずであったらしい。
しかしながらいわゆる大人の事情とゆーもので「けれ夜」は発売中止。
なので、よーするに「前編」だけプレイするようなもの。

「けれ夜」で回収する予定だった伏線も回収できてないのでものすごい不完全燃焼で終わる。
なんてモッタイナイ。大人の事情恐るべし。


で、そんな中途半端に終わるゲームなのに伝説な理由はライターの王氏の書くテキストなわけです。
主人公の「桜井舞人」の奇行っぷりったらそりゃkeyの主人公を遥かに凌駕するイキオイ。
相当に頭のおかしい主人公。こんな奴が主人公だったら、もうどうやっても面白いに決まってる。

笑えるゲームとしての面白さならそれはもう業界No.1と太鼓判押してもいいほどに面白い。
腹筋崩壊するほど笑えるゲームは数少ないのですが、これはその中でも群を抜いて笑えるゲームの一つ。これだけ笑わせてもらえればたとえ未完成でも許せてしまう。

逆にここまで面白い作品が未完のままになってるのがもったいなくてしょうがない。
もやもやもやもや・・・。


シナリオ的にはこの頃流行っていた何か奇跡とか記憶とかをネタに使ったものなの。
ぶっちゃけた話シナリオに関しては展開も唐突だし、ちょっとなぁ・・・って感じなんですけど、まぁその辺はもしかしたら「けれ夜」で色々と書こうと思ってたのかも知れないのでなんとも言えない。
しかしながらそれを補って余りあるテキストの面白さ。
これはもう「名作」と言わずしてなんであろう。

あと制服が食い倒れとか言われてたり。
それ散る限った話じゃいけど西又葵の描く洋服はいつもすごい。



で、6年間待ってたわけだ。俺たちは。
ついにBasiL再始動!
それは舞い散る桜のように 完全版」発売決定!!

って、え? なにが完全版なんだ?
追加シナリオ?それってFDじゃね?
と思いながらもやはり気にはなる。

これはもうみんながもう諦めてた「けれ夜」も期待してしまいそうになるわけだが。
はたしてどうなることやら。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。