スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目に映らなくても ハッキリと「見える」愛がここにあります。

発売日:2004/08/27
OHP:http://frontwing.jp/product/sorauta/index.html

■スタッフ
原画:フミオ
シナリオ:ヤマグチノボル、橘ぱん、反転星、屑美たけゆき
音楽:Elements Garden

■歌
OP:そらうた - 佐藤裕美

■ヒロイン
・小西 霊子 CV:吉田皐月
・佐倉 知夏 CV:神村ひな
・永澄 真奈 CV:赤白杏奈
・夕凪 澪 CV:まきいづみ
・瀬戸内 葵 CV:野神奈々

■他
修正パッチを当てましょう。↓このへんに落ちてるはず。
http://frontwing.jp/download.html



ゆきうたの続編。とゆーワケではない。全然関係ない。
ゆきうたの悪魔のようなシナリオとは違ってそこまで鬱ではない。

今回は、幽霊とか出てきたりしてちょっとオカルトな作風。
そして謎解き的な読ませ方もしてたりしてちょっとミステリアス。

ミステリ系って見方をするなら伏線の張り方と回収のしかたはまぁまぁの出来。
読後感は悪くない。

とゆーか特筆する点として、主人公が異様にシスコン。
「たまねぇ、たまねぇ」うるさい。
主人公にまるで魅力を感じなかったのでゲーム自体もあんましーな感想になってしまった。

そもそも俺は『○○ねぇ』って呼ぶ姉キャラ全般嫌いだ。
姉キャラ自身もだし、そう呼ぶ主人公もうざい。
あと一人称が『ボク』も意味がわからん。
そーゆーヒロインもだし、主人公も。
立ち絵が一番カワイイキャラに限ってボクっこ率が高くて滅入る。


はい、話がそれました。

単品で見ればそれなりの出来なんだけど、やはりゆきうたと比べるといまいちだった感はある。
別物と思えばそこまで悪くないかもだけど。

なんだろな。つまらないシナリオじゃないと思うんだけど、いまいち印象に残らなかった。
この辺は展開のさせ方と読ませ方があんまり面白くなかったのかな。わからんけど。

あとこれは単に好みの問題かもだけど、
キャラクターがいまいちだったとゆーか、あまり魅力を感じなかった。
強いて言えば葵は結構好きだけど、うーん@

やっぱ妹がいないとダメだな!とゆーものすごい理屈で強引にまとめる。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。