スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同人音楽レビュー】 RMT / ten.

同人音楽CDレビュー
RMT / ten.
■ジャンル:オリジナル(インスト)
■頒布日:M3 2011春



自分とこのCDのレビューってのもおかしな感じですが
まぁコンピなのでライナーノーツ兼感想みたいな感じで

コンピを作ろうと思ったきっかけは忘れてしまった、まじで
たぶんTwitterとかイベントで知り合いが増えてこの辺の人達を集めたらいいコンピが出来そう!とか思った・・・んじゃなかろうか、たぶん
んで、もうすぐ10枚目だからじゃあキリ番記念でちょうどいいじゃん、みたいな、たぶん


タイトルはあれこれ悩んで、結局シンプルに10枚目で10曲なのでten.にしました
tenだから点を付けてten.というふざけたタイトル。もはやダジャレのレベルですね!

前にも書いたけど「Relax-Open-Enjoy」は真心ブラザーズの曲名からの引用です
いつもこういうコピーはフィッシュマンズから引用してるんだけど今回はコンピなので変えてみました


●01:Nostalgia - つる / Juvenile
やさしいけどちょっと切ないようなピアノ曲、まさかピアノソロが来るとは思ってなかったので驚いたけどすげーいい曲ですね!さすがつるさん。曲順を最初にするか真ん中でインターミッション的にするか最後にするか悩んだ結果、最初にもってきてよかったなーと思います

●02:better better - いんやん / RMT
(^o^)わたしです。いつものほのぼの系ですね。なんかもうあまりにもベタベタな曲になったのでそういうタイトルです。ひでえ。またダジャレかよ!聴いたらわかるかと思うけどパッヘルベルのカノンをかなり意識してます

●03:湖鏡 - purikoko / あまつぶ
あ、あまつぶー!あまつぶー!好きだー!purikokoさんの曲は良質なゲーム音楽という感じで安定した雰囲気がありますね!永遠に聴いてられるくらいすげー落ち着く

●04:澪 - yuca / Rhaplanca*
やや民族調なきれいな曲、こういういわゆるドラムレスの曲が作れるのすげーうらやましい、和む

●05:Reel More Traverse - 大臣 / Zephyr Cradle
大臣さん!大臣さーん!オリジナルなんて何年も作ってねーよ!と言う大臣さんに無理やりお願いしたわけです。アレンジでもオリジナルでも変わらず大臣さんは大臣さんですね!落ち着いた雰囲気でありながらこれだけ盛り上がりがあるってのがすごい

●06:woolgathering - ちゃぼ / NMB
オシャレさん!この曲が一番わかりやすいリラクシングミュージックではないだろか、いやわからんけど

●07:Another Sky - ヲカザキ / signal+noise
いつものフュージョンをさらにゆるめにした軽く聴ける感じのトラック、じわじわ展開していく感じが良いです!個人的にsignal+noiseのすごいファンなので大変に嬉しいです

●08:nanukaro pt3 - luco / くらげきくらげ
10人で10曲とか言いながらこれも(^o^)わたしです。全然浸透してない別名義ですね!とは言え音楽性で使い分けてるわけではないのですげー似たような曲になってしまった。この曲はリアレジを繰り返して遊んでる曲です。これがpt3で、pt1は没って未公開、pt2とagainがサイトに置いてあります。なにげにいんやんの曲よりこっちのが気に入ってたりします

●09:Twilight streetlamp - kaizaiku / NSd.
ベースが印象的な・・・こういうのはなんていうジャンルなんだろう。夜っぽい感じがいいです

●10:sigh away - じょにー / ぶるーすとらいぷす
想像以上にガチっぽいエレクトロニカでした!こちらも夜っぽい雰囲気だったので最後に収録させていただきました!


という10曲です
RMTでコンピを作ったのは初めてだったけどテーマ決めてみんなで曲を持ち寄るというのは楽しいですね!
しかしこういうのはガラじゃないのでしばらくはまたゲスト呼ばない呼ばれない孤立無援のサークルで活動すると思います、ゲストと言いつつ自分!というのはたまにあるかと思いますが・・・
音楽的な方向は違うけど、落ち着いて聴けるって点では同じ方向でけっこう面白いCDになったんじゃないかなーと自分では思ってます。なんでもない時のBGMに最適な感じでまさにコンセプト通り!だと思います、たぶん

written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。