スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は…あなたといつも一緒にいたい…

発売日:2003/10/10
ジャンル:恋愛アニメーションADV
OHP:http://www.jellyfish-pc.com/lovers/index.html(UMDPG Editionのページ)

■スタッフ
原画:古美明
シナリオ:MAB、高志奈未希
音楽:ham、TeeD

■歌
ない

■ヒロイン
・河合理恵 CV:静木亜美
・山本のり子 CV:三五美奈子
・大沢ひな子 CV:藤田夏海

・佐倉真由美 CV:伊藤瞳子
・田代美紀 CV:友永朱音

■他
1998/04/17発売の「ラブ・エスカレーター」のリメイク作。
2007/12/28にいろいろ特典(CG集とかキャラソンとか)同封の「LOVERS ?恋に落ちたら…? PREMIUMPACK」が発売。
そして2009年「UMDPG Edition」が発売予定。OHPのTOP絵の理恵が別人なんですがw

↓修正パッチとか
http://www.jellyfish-pc.com/support/title_02/index02_00.html



原作のラブエスは1998年発売とゆー10年前の産物。

これはジャンル分類しにくい作品だなあ。
抜きゲー要素が強いんだけど、それなりにシナリオもしっかり書かれてる。抜きゲーの一言で済ませてしまうのはちょっと違うような。
高校最後の一年間を描いたシナリオで、日常シーンは近年のエロゲとは違ってヒロイン達ときゃいきゃいするとゆーよりは男友達とだらだらやってるのがメイン。とは言え毎週末ヒロインとデートしたりもするんだけど。

その週末デートのせいでシナリオにも重みがなくなる。
日常シーンであーだこーだやってても、週末になったら何事も無かったようにデートイベントになるのでなんだかなーって感じ。

シナリオ面ははっきり言って古臭いんだけど(古い作品なんだから当然w)これがなかなかちゃんと読めるシナリオ。ものすごく面白いとゆーほどでもないけど、まぁ飽きずに読んでられる。とゆーかシナリオ展開よりもキャラクターが魅力的な感じ。
文章力があるのかどうかわからんけど、シナリオの内容はほんとどうでもいいような内容なのになぜかそこそこ面白かったと思える。
そして時代的にキャラというキャラがなんとなくダサい!そこを「逆にたまらんw」と思えるか「ねーよ」って思うかでかなり評価が変わるでしょう。たぶん。

ヒロインは一応3人いるけど、メインは理恵で残り2人はおまけとゆー感じ。完全に理恵ゲー。
理恵のHシーンは膨大な量(52シーン+初体験)あるのに対してサブヒロイン2人は各11シーン+初体験。Hの内容も理恵には何をさせるかコマンドで選ぶのに対して、サブヒロイン2名はランダムに表示されるだけ。
正直ここまでの落差があるとは思ってなかったので、ひな子に期待してプレイした俺的にはかなりがっかりした。

特筆すべきはやはりHシーンのフルアニメーション。
今見るとしょぼいんだけど、まぁ時代を考えたらすごい。理恵の初Hシーンだけは新規に書き下ろしたらしく素晴らしいクオリティ。全編このクオリティだったら神になったと思われる。つーか(理恵の初Hシーン以外の)アニメと立ち絵・イベントCGの顔違いすぎw
ちなみに(理恵の)Hシーンは上記の通りコマンド入力で内容を指定してくシステムで「キス」とか「フ○ラ」とか「挿入」とかシーン別々の短いアニメを繋げて見る事になる=流れは悪い。
あと(理恵だけ)調教要素があって全Hシーン回収は攻略サイトを見ないとかなり辛い。

週末イベントはやたらミニゲームが多いんだけど総じて妙に難易度が高くめんどくさい。

どう考えても美紀が一番可愛いのに脇役極まりないのでもちろんHシーンなんてない。なめてんのか!脇谷が主人公で美紀がヒロインのスピンオフ出せや!

音楽はいかにも昔のエロゲーとゆー感じ。

ギャグ要素も一応あるけど爆笑するほどのレベルではない。


まとめ。
エロいと言えばエロい。アニメーション好きならやっていいんじゃないだろうか。量だけの話をすればかなり多い。
全体的に(キャラもシナリオも)古い。その古さに耐えられればそこそこ楽しめると思う。
理恵ゲーなのでのり子、ひな子目当てでのプレイは避けましょう。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。