スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日:2005/08/05
OHP:http://www.cuffs.co.jp/01_sakuramusubi/index.html

■スタッフ
原画:☆画野朗
シナリオ:トノイケダイスケ
音楽:安瀬聖

■歌
歌モノなし

■ヒロイン(ボイスなし)
・桐山桜
・秋野紅葉
・瀬良可憐

■他
修正パッチあり。公式に落ちてます↓
http://www.cuffs.co.jp/01_sakuramusubi/down/index.html



ゲームの内容うんぬんの前に、とりあえず音楽が神極まりない。
OP、ED含め全曲がピアノとバイオリンだけとゆー大胆かつシンプルな構成。
サントラはここ数年で一番聞いたCDかもしれん。
やたらと美しい旋律。よすぎ。
OPにも使われてる「さくら」は特に良い。
本当に名曲揃い。恐るべし安瀬聖。


で、ゲームの内容。
絵は炉利。Hシーンはほぼ全部(つーか全部?)聖水。なんとも偏りすぎな感じ。おしっこゲー。
シナリオはかなりほんわかと内容が薄く。眠くなる。
その美しいBGMと声なしってのがこれまた眠気を誘う。眠りゲー。
実際何度も寝落ちした。

全体的には非常に優しくてぬるい内容。シナリオの内容よりキャラクターの方が魅力あるかも。
ある意味キャラ萌えゲー。
紅葉は特にやばい。にやにやが止まらない。
絵の雰囲気も手伝ってかなり炉利っぽいのでその手の属性がない人はすげーつまらんかも。

とは言えメインの桜ルートの後半なんかはなにげに深いテーマでけっこうクるものがある。
トノイケの世界観丸出し。


まぁ、☆画野朗の炉利絵が好みだったらそれだけでやってみてもいいんじゃなかろうか。
ほぼ確実に萌え死ぬと思います。
とゆーかピアノの曲とか好きならそれだけでやる価値ある。BGMの良さはガチ。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。