スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんの変哲も無い日常がひっくり返された日・・・

発売日:2003/10/24
OHP:http://www.hermit-game.com/ ソフトの紹介ページはなぜか消されてるっぽい

■スタッフ
原画:厘京太朗
シナリオ:丸戸史明 with 企画屋
音楽:feel

■歌
OP:チェリーレッドのピストル - 佐藤裕美
ED:HACHIMITSU - 佐藤裕美

■ヒロイン
・八乙女維月 CV:本条真琴
・木乃内ひなた CV:茶谷やすら
・神応寺古 CV:都乃田あす美
・水篠碧衣 CV:青山ゆかり
・サヤ&マヤ CV:まきいずみ

・若色遥香 CV:一色ヒカル
・メイド隊 CV:野神奈々
・美恵子先輩 CV:如月葵
・女性その他 CV:遊佐晶

■他
特になし



ライターが丸戸史明ってだけでプレイ。
厘京太朗氏の絵柄がけっこうクセがあって好みのタイプじゃなかったんだけど。
やってみたらすぐ慣れたし面白かった。

HERMITのゲーム全部そうなんだけど。
一話一話の最初と最後にOP、EDがあって毎話がそれなりにしっかり完結してる。
なんつーか、アニメでも見てる感じ。
この演出のしかた割と好きだ。
そいえばぷりっちなんかも同じような構成だったな。

「オカルト」を題材にしたゲーム。
のわりにはおどろおどろしい感じは一切なし。どっちかつーとコミカルでテンポのよいゲーム。

基本的にはドタバタ系作品。
各話冒頭でなんかしらオカルトな事件が起きる。
わりと軽いノリで、ギャグを交えながらなんだかんだ解決して、次の回へ。とゆー感じの作り。
軽いノリといえど起承転結はしっかりしてるし、薄っぺらさは全然感じない。

テンポよくサクサク進むので飽きずに読める。キャラもしっかり立ってる。
何よりシナリオのメリハリがしっかり効いてる。
後半はシリアスになるけどノリとテンポの良さは継続。
伏線の張りかた、回収のしかたもそれなりにうまい。

丸戸の遊び心かなんか知らんけどキャラの会話なんかの節々に言葉遊びがあったり。
細かい演出もいい感じ。


BGMもさすがfeelだけあってクオリティ高い。
ゲームの雰囲気にもよく合ってる。

キャラも面白い。絵はけっこう癖がある。
特に私服のデザインは相当きわどいセンス。あれはどうだろうw

オカルトとか超常現象とかアリな人はもちろん、全然興味なくても問題なく楽しめる良作。
非常にテンポのよいエンターテイメント性の高い作品。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。