スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別れを告げる哀しみの唄、未来を開く歓びのうた。

発売日:2008/12/26
ジャンル:ADV
OHP:http://frontwing.jp/product/hoshiuta/

■スタッフ
原画:フミオ
シナリオ:ヤマグチノボル、屑美たけゆき、かづや
音楽:Elements Garden

■歌
OP:尋ねビト - Veil ∞ Lia
ED:揺藍歌 -ヨウランカ- - Veil ∞ Kaori Omura
挿入歌:夏の終わりに - 佐藤ひろ美

■ヒロイン
・黒田結衣 CV:木村あやか
・周防ななの CV:民安ともえ
・雨宮くらら CV:柚木かなめ
・木ノ下翠 CV:青山ゆかり
・山吹れんげ CV:青空かれん

・北条亜里砂 CV:三咲里奈
・広瀬小梅 CV:さくらはづき

■他
なし



いつの間にかシリーズ化してた「うた」シリーズ第3弾。

正直な感想を言うと、
ゆきうた>>>そらうた>>>ほしうた
だんだん劣化しているように思える。

何より一番思ったのは、古い。
イラストや音楽、演出なんかは最近のゲームとして問題ない出来。
ただ読ませ方とかシナリオの内容なんかがもう使い古されたモノばかり。
今時こんなシナリオないだろーと思いながら読んだ。

あとつまらなかったと思う理由が幼稚さ。
主人公の激鈍っぷりも相当ひどいし(読んでてイライラしてくるくらい)シナリオ上で問題とされる問題も幼稚。
そんなつまらんことでいちいちギャーギャーわめくなよ。と思ってしまったり。
あまりにどーでもいい事をあーだこーだと考えたりしてるのをひたすら読んでるのでテンポも悪く感じた。

主人公がいちいち理屈っぽいところも読んでてイライラ。

と思ったられんげルートだけは急にテンポがよくなってサクサク読める。
主人公のうざさもまったく感じない。
「お?このテキストはヤマグチノボルだな」と一瞬で判断。
ちゃんと調べて確かめてないけど、断言できる。ぜんぜんノリが違う。間違いない。
そのれんげルートは面白かったけど短かった。
もうちょい長かったらよかったのに。
キャラ的にもれんげが最萌えだったので非常に残念。

※万が一違ってたらどうしようと思って調べたら
・結衣、くらら>屑美たけゆき
・ななの、翠>かづや
・れんげ>ヤマグチノボル
らしい。公式に公開された情報じゃないので怪しいけど。



音楽は普通。
まぁElements Gardenだし、安定した楽曲。全体的にはエロゲらしいきれいな曲が多い。
OPの「尋ねビト」はところどころ鳥の歌に似てる。Liaが歌ってるせいもあるんだろうけど。
とはいえ普通にいい曲。


基本、一度やりだしたなら滅多にリタイアしないんだけど、久々に途中でやめちゃおうかと思った。
ぶっちゃけた話そのくらい面白くなかった。
まぁ、うたシリーズとゆーことで名作「ゆきうた」と比べてしまっているってのもある。
期待が大きかった分、がっかり度も大きいわけで。
うーん、残念でした。

とはいえ、うたシリーズをやってないエロゲ初心者がプレイする分にはそこそこ楽しめるんじゃないかしら。たぶん。
フミオ氏のイラストはかわいいし、音楽のクオリティも高い。
以上!


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。