スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離れえぬよう、流されぬよう、ぎゅっと・・・

発売日:2001/04/13
OHP:http://www.din.or.jp/~nekoneko/ メーカー解散;;(OHPなし)

■スタッフ
原画:秋乃武彦、ねこにゃん、綾瀬悠、葵渚
シナリオ:片岡とも、米村順一

■歌
OP:みずいろ - 佐藤裕美
挿入歌:ごめんね・・・ - 佐藤裕美

■ヒロイン
・片瀬雪希 CV:綾川りの
・早坂日和 CV:籐野らん
・進藤 CV:奥森香由
・小野崎清香 CV:上本のぞみ
・神津麻美 CV:堀奈生

■他
公式で差分拾えます。↓このへん。
http://www.din.or.jp/~nekoneko/soft.htm



ねこねこの代表作。
「普通のギャルゲーを目指して・・・」とゆーコンセプトらしい。

そ、そのわりには制服のデザインが全然普通じゃねぇ。とか言ってはいけません。
制服以前に清香のプロペラが普通じゃない。とかも言ってはいけません。

OPの「みずいろ」はエロゲ史に残る名曲かと。聴けば聴くほどに良さがわかってくるスルメ曲。
BGMも全体的にレベル高いです。さすがねこねこ。


プロローグの子供時代の選択肢でルート分岐するシステム。
分岐次第で、キャラによっては(進藤)別人のように人格まで変わる。
このシステムはおもしろい。

全体的にはまたーりとしたシナリオ。ギャグをまじえた些細な日常を満喫。
一部ファンタジーな展開もするけど、基本的にはほのぼのとした内容。

そして個人的に気になるのは、清香シナリオ。
エロゲで砂絵を描くってシナリオは後にも先にもこれだけかと思う。
なんだよ砂絵ってw
そんなシナリオ全然普通じゃ(ry

まぁ、細かい事には目を瞑れば「普通の日常」を楽しむゲーム。


どちらかとゆーとシナリオの内容よりはキャラクターに比重が置かれてる感じ。
進藤をはじめ、日和も雪希も清香も。みずいろから始まってずっとねこねこを支えてきたキャラ。
ねこねこソフトで一番評価したい点は、HPの小ネタとか、グッズとか、おまけシナリオなんかで昔のキャラを使うところ。
そーやって長年キャラを使うことで、どんどん愛着わくし、何より使い捨てにしてないところにメーカー側の愛を感じる。素晴らしい。

ねこねこの作品に手を出してみようかなーと思ってる人はみずいろから入るのがよろしいかと。
あちこちにみずいろのキャラが登場するので知らないとちょっと虚しい。


DCとPS2に移植されてます。
OVA化もされてます(18禁と全年齢の2種類)


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。