スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぜったい、わすれない・・・この想いも、あの空の色も。

発売日:2009/01/23
ジャンル:夕暮れ学園ADV
OHP:http://cotton-soft.com/gameproducts/04_amber/(直リン)

■スタッフ
原画:あんころもち、司ゆうき
シナリオ:海富一
音楽:Elements Garden、Barbarian on the groove、443、SENTIVE、Seuderia M(Peak A Soul+)、TGZ SOUNDs

■歌
OP:アンバーワールド - 佐藤ひろ美
ED:イノセントクォーツ - μ
挿入歌:琥珀の祈り - いとうかなこ

■ヒロイン
・持月 なゆた CV:松田理沙
・水那倉 智 CV:みる
・姫路 サリナ CV:蛯原ミサ
・時國 弥夜子 CV:風音

・コト CV:雪都さお梨
・天龍寺 珠乃 CV:草柳順子
・安藤 伊織 CV:一色ヒカル
・篠森 明海 CV:青山ゆかり

■男キャラ
・安藤 昴 CV:URATAYU
・須賀 恭平 CV:先割れスプーン

■他
差分
http://cotton-soft.com/support.html



通称「アンクオ」

このゲームはなんとゆーか。
ネタバレしないとレビューできない内容なので、ある程度のネタバレは覚悟で。
事前情報まったくナシで特攻したい人は華麗にスルーしましょう。







とりあえず言いたいこと。
これってある意味詐欺ゲーじゃね?
メーカーの紹介HPを見てもパッケージを見ても、普通の学園モノにしか見えないじゃん!
しかし実は異形の魔物?と戦う完全なバトル系シナリオ。
自分はこの手の内容も好きだったからいいけど、戦ったりするようなゲームはKIRAI♥ ニトロプラスとかダイッキライ!とゆー人が知らずに手にしたら間違いなくイカシンイカシン怒り心頭!!
擬装広報もここまで徹底したらスゴイもんだ。

とゆーわけでまさかのバトル展開。
本当のあらすじを軽く説明すると、

「7年前、友情を誓い合った6人の幼馴染。
 いつの間にか疎遠になっていたが、異形の魔物「異神」を退治するために再び巡り合う。
 7年前から続いていた6人の幼馴染達と「異神」との因縁が再び動き出す―」

かなり簡略したけど、こんな感じ。


一番最初、アンクオが発表された時は、
「幼馴染ネタ?リトバス?」とか思ったけど全然違った。
むしろ、それなんてあやかしびと?って感じでした。

世界観とか舞台とかキャラの設定とかはけっこういい線いってると思う。
なんかどっかで見たことのあるようなのばっかりだけど。

まぁ良くも悪くもあっちこっちからオマージュしまくりすてぃー。
好きなメーカーなので贔屓目もあるかと思うけど【悪意のあるパクリ】とゆーよりは【ラヴ!なオマージュ】って感じがするので全然おk。
むしろ元ネタ探しとか好きな自分的にはこーゆーのはこーゆーのなりの楽しみ方があると思うのでその辺どーこー言う気はない。
寄生獣ネタとかむしろ嬉しい。懐かしいなあ。


つーか!とりあえずOP曲良すぎじゃね?
ここにまた、名曲誕生。
毎日聴いてる。
あとラストシーンの挿入歌の使い方うまい。
コットンはいつも挿入歌(もしくはED曲)の使い方が絶妙。さすがです。

しかし戦闘シーンのBGMが、惜しい!実に惜しい。
まぁまぁには盛り上がったけど、ちょっと熱さが足りなかったような。
日常シーンの音はさすが。良かった。いつもながらの安定感。


そして個別ルートの安定感のなさ!泣けてくる。
トモシナリオは良かった。ラストシーンは熱かったし。文句ない。

しかしなんだ。サリナとミコ姉ひどくね?
とくにサリナは本当に酷い!!
支離滅裂でまとまりのないテキスト。素人が書いたんじゃないのかと思えるくらい酷い。
シナリオ自体もつまらんし、テキストもヘタ。救えない。
全然何も伝わってこないし、展開も唐突すぎて( ゚д゚)ポカーン
サリナとかキャラ的にはかなり気に入ってたので、mjd!!残念。死ぬる。

ミコ姉ルートは一応このシナリオの必要性みたいなものは感じたけど、いかんせん読ませ方がヘタ。
不必要な場面が多いし、いまいち感情移入できない。

本筋のなゆたルートは良い意味で裏切られる展開で、ぐいぐい読めてしまった。
なゆたルートだけの話をすれば、中だるみもないしすげー高評価。
面白かった。断言できる。
なんでこのクオリティで他のキャラのシナリオも作らなかったのか。
激しく悔やまれる。

つーかバトル系のシナリオの割には肝心のバトルシーンの描写が弱い。迫力が足りない。
逆に日常シーンの描写はさすがにうまい。


CGのクオリティは高い。相変わらず丁寧。
しかしバトル系のエフェクトはちょっとテンポが悪かったような。
特に神経ワイヤーは演出は良かったけど、もっとスピード感があればさらに良かったんじゃないでしょか。
もっとカットインとか使えばさらにカコヨクなったんじゃないかしら。惜しい。


はっきり言って、すごく惜しい作品。
シナリオの本筋だけ見ればかなり面白いと思う。完成度も高い。
しかしサリナとミコ姉(特にサリナ)のルートがそれを台無しに。ここで大減点。完成度ガタ落ち。
もったいない。あぁもったいない!

まぁOP曲が良すぎたので、なんとなく良いゲームでした。的な印象。
そう考えるとOP曲の影響力ってすげーな。

しかし、7年前の異神のあの姿は一体なんだったわけ?w
あいつだけおかしくね?w


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。