スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの時、確かに僕は世界の果てにいた

発売日:2006/11/24
OHP:http://www.pulltop.com/gp06/index.htm

■スタッフ
原画:藤原々々
シナリオ:丸谷秀人、健速
音楽:ファクトリーノイズ&AG

■歌
OP:風のRhythm - ゆうか
ED:with a smile - ゆうか
凰華女学院 学院歌:遥かに仰ぎ、麗しの - 凰華女学院 声楽隊

■ヒロイン
【本校】
・風祭みやび CV:北都南
・鷹月殿子 CV:遠山枝里子
・八乙女梓乃 CV:佐本二厘

・三嶋鏡花 CV:青山ゆかり

【分校】
・仁礼栖香 CV:井村屋ほのか
・相沢美綺 CV:安玖深音
・榛葉邑那 CV:風華

・上原奏 CV:木村あやか
・通販さん CV:七原ことみ

【他】
・リーダ CV:天川みるく


■他
↓修正パッチはこの辺。
http://www.pulltop.com/gp06/support.html

avast!が反応する件。
http://www.pulltop.com/gp06/kenshutu.html



通称「かにしの」
「ぎ」はどこいった?

今時めずらしい主人公が教師で生徒がヒロインなゲーム。

特筆する点として、二人のライターがきっちり書き分けてるところ。
冒頭で本校ルートか分校ルートかを選択するわけですが、本校ルートは健速、分校ルートは丸谷秀人が担当。
各ルートで雰囲気違いすぎです。そしてテキストのノリも違う。
つーか微妙に主人公のキャラまで変わっているように思えるので『別のライターが書いた』とゆーのを考えないでやると違和感アリアリ。

あと、かなり序盤で個別に突入するので共通ルートがほとんどない。


自分は健速キライなんだけど、このシナリオは正直けっこう楽しめた。
とゆーかシナリオうんぬんじゃなくて、みやびちゃんぷりち?。
ぶっちゃけ最初にみやびルートやったら他のキャラ誰も攻略する気になれなくて、しばらく放置して違うゲームしてた。

全体的にはハートフル系。コメディ要素もあるにはあるけどたいした笑いはおこらず。
日常系シーンの雰囲気は良い。ほのぼの。

キャラの魅力とかシナリオにかなりムラがあるように思う。
キャラ立ってるキャラはすごくいい感じに目立ってるけど、そーでもないキャラはほんと地味。
シナリオもだるすぎて眠くなるようなシナリオと、けっこうじーんとくる感動系のシナリオと。
その辺の差はひどい。
さらに言うと、けっこうテキスト量があるのでつまらんシナリオはだらだら無駄に長くてほんとうにだるい。

上記の通り、自分的にはみやびがキャラもシナリオもダントツで良かった。掛け値なしに賞賛。
あとパッパ。


登場キャラクターが異様に多い。
攻略ヒロインが6人、
他に立ち絵のある女キャラが、えーと4?5人?いて、男は何人いたかな。忘れた。
さらに立ち絵ないけど名前ありのキャラが・・・何人いたっけ?w
立ち絵もないくせに口癖とか性格設定はちゃんとあるトコロが恐ろしいw

とにかくすげーキャラ数。覚えられん。
そして友情出演とかいって、立ち絵もないようなキャラの声優がいちいち豪華。


絵は藤原々々なので、やんわりした感じ。

音楽はけっこう良い。ハートフル系な作品としては特に問題なし。
超お嬢様学校とゆー舞台にもまぁ合ってる。


全体的な作りもしっかりしてるし完成度は高い。
わりと良作。

しかし本当にシナリオの落差がひどいので、その辺をふまえると微妙。
ボリュームはあるけど、無駄も多いような。
プレイ直後はわりと感動した感あったけど、ぶっちゃけすぐ忘れた(みやびちゃんぷりち?だけは今でも心の奥底まで深く刻み込まれております!)
そんな感じ。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。