スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年後、あの子はどんな風に笑うんだろう・・・。

発売日:2006/01/27
ジャンル:幼なじみとの学園思い出探しADV
OHP:http://4leaf.iam-hiquality.com/index2.html

■スタッフ
原画:ひーで、越乃、Xsara、カスカベアキラ
シナリオ:たとむ、keikei
音楽:響那良


■歌
OP:よつのは - 茶太
ED:shining orange - 榊原ゆい

■ヒロイン
・猫宮 のの CV:榊原ゆい
・柚姫 衣織 CV:草柳順子
・天地 祭 CV:伊吹雫
・雪 亜凜沙 CV:みる

■他
修正パッチはここら辺から↓
http://www.iam-hiquality.com/support/support.html



元は同人サークル、ハイクオソフトの2作目。
このゲーム以降、「猫宮のの」の人気に頼りっきりで、なんだかよくわからんのんさんのFD的なモノを数本出してたような。
ところでさくらさくらは何回発売日延期すれば気がすむのか。


で、よつのは。
ヒロイン全員幼馴染!とゆー設定なんだけど。思ってた感じとはかなり違った。

とりあえず、システムがかなり特徴的。
基本はRPGみたいなMAP移動なんだけど、正直よく意味がわからないシステム。面倒なだけ。
自由に動き回って探索して、その結果でシナリオが進む。とかそーゆーんじゃなくて。
ある程度決められた順路を多少うろうろできる程度。本当に意味がわからん。

メッセージ表示ウインドウも個性的で、なんつーのかな。
メーカーHPには「マルチウィンドウシステム」って書いてあるんだけど、テキストで表現するのはむずいなあ。
とりあえず、自分的にはちょっと見づらかった。やはり普通が一番なのよ。


現在が舞台で、過去の思い出を振り返りながらシナリオが進む形式。

MAP移動>イベント発生ポイント>過去の思い出の場面が出てくる>それを読む

基本的にこの繰り返し。
なんつーか、時間軸がいったりきたりして落ち着かないし、3年前も今も立ち絵たいして変わらんし。
ちょっと読んで、MAP画面、またちょっと読んでMAP画面。とゆーこのシステムのせいで、ブツ切りで読み進めるのでどうも流れが悪い。
そもそもシナリオの内容がいまいち。

で、

あー・・・、なんか説明するの面倒になってきた。
もういいか。

えーと、まとめると。
キャラクターは悪くないんだけど、シナリオも演出もさっぱりあっさり。
結局何がしたかったのかよくわからん。
下手に変わったことはしないほうが良い。とゆー見本。

キャラ萌えに関しても、やたらのんさんばかりがプッシュされて他のキャラの扱いはぞんざい。

BGMはそこそこ良かった気がする。
あ、セーブとロードの画面がわかりにくくて何度か間違えてイライラしたなあ。

なんかシステム系の文句ばっかだけど、それしか印象に残ってないんだからしょうがない。
たしかにのんさんは萌えたけど、そんだけ。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。