スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日:2001/10/05
OHP:http://www.groover-info.net/ メーカーサイト閉鎖済('A`)

■スタッフ
原画:片倉真二
シナリオ:ヤマグチノボル、桑島由一
音楽:milktub

■歌
OP:グリーングリーン - NANA
ED:モノクローム - YURIA
ED:ラブレター - 佐藤裕美
ED:フルール - YURIA
ED:星空 - 佐藤裕美
ED:男の子 - YURIA

■ヒロイン
・千歳みどり CV:中山さら
・朽木双葉 CV:藤巻恵理子
・朽木若葉 CV:満仲由紀子
・美南早苗 CV:杉本沙織
・飯野千種 CV:鈴木麻里子

■他
・修正パッチ有(メーカーサイト閉鎖済みなので「りぺあ」あたりで探すべし)



通称グリグリ。

特筆する点は、音楽。
OPもEDもめちゃくちゃ良い。milktubサイコー!!
曲の良さもさることながら、ED曲がキャラ別に用意されてるところがすごい。

共通ルートはドタバタギャグコメディ。
パッケージとかOPのあのテンション高そうな雰囲気がそのまま続く。
男キャラをかなりしっかり描いてて、バカな男キャラが何人も登場する。
日常シーンはその友達とバカやってばかりでかなり笑えるw
あー周りにこんなバカ共がいたら毎日楽しそうだなあって思えるほど。

むしろメインはそこ。
男の方がヒロイン達より目立ってるとゆー、他にはちょっとない独特な世界。これは絶品。
エロゲとゆーよりは漫画とかアニメに近い世界観。
キャラもイケメンと美少女ばっかりじゃなくて、むしろ男なんてキモいようなのばっかりw
あとブスな女キャラが出てくるあたりも珍しい。

そんなわけで登場キャラがみんなすごいキャラ立ってて、和気藹々とした雰囲気が楽しい。


ヒロインとの恋愛も萌えるとゆーよりは楽しい感じ。
つーか、声優陣が青二プロダクションの人達とゆーのが珍しい。
これはすごいことだ。

絵はかなり癖があるので賛否両論かと。
特に塗りがセル画塗り(アニメ塗り)なのでエロゲーらしくない。
俺はむしろそこが好きなんだけど。


そして鬱ゲー。
鬱こそ、グリグリの代名詞。

バカでノリノリだった日常シーンから突然の鬱展開は必見。
ほぼ全員のシナリオの最後が別れとゆー酷さ。
特に早苗シナリオに関しては地雷とまで言われてるくらいにやばい。
ちなみ俺は早苗シナリオをやってグリグリにハマった。
忘れられない。

グリグリは3まで出てて一応全部繋がってるので最初にコレをやらないと何も始まらん。
ただ無印は古いせいもあるけどシステム周りが酷すぎてプレイ環境は最悪。

アニメ化もしてますが、ただのエロアニメだった。実際最終的には18禁アニメになったし。
なにげにPS2に移植もされてる。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。