スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 桜華 / Carriere

えろげレビュー
強く・・・・・・抱いていて。
この温もりが、あなたを守るから・・・

発売日:2005/06/24
OHP:http://www.russel.co.jp/hp/adult/ouka/ouka.html(ラッセル)

■スタッフ
原画:ここのか、麺帝マブ
シナリオ:そら、JUN、康盛禅
音楽:石川直人

■歌
OP:Celebrate - みとせのりこ
ED:空を映した青い海 - 中原涼

■ヒロイン
・ソルネ CV:夏野こおり
・風崎 夏輝 CV:芹園みや
・古坂 あや CV:榊るな
・沙雪 CV:文月かな
・鈴森 静名 CV:桐島やよい
・紺屋 美奈 CV:佐々留美子
・刃菊 CV:楠鈴音

■他
・たぶんなくても平気だけど一応修正パッチ↓
(メーカーサイト閉鎖済みなので「りぺあ」あたりで探すべし)

・2002/06/28に発売した心輝桜のリメイク。



惜しまれながらも(俺の中では)解散してしまったキャリエールの作品。
上記の通り『心輝桜』とゆーキャリエールの処女作のリメイク作。
心輝桜やってないのでそっちはわからんです。

んで、これはもう究極に惜しい作品。
あと一歩で神ゲーになったのに。まじでもったいない。

設定だけの話をすれば『あやかしびと』と対決できそうなイキオイ。
刀を振り回す看護婦がいたり、大岩を投げ飛ばす少女がいたり。
バトル系全開の特殊能力のある人たちが織り成す・・・ハートフルストーリー。なぜ?w

まぁ家族系ハートフルとしてのクオリティはなかなか。
シナリオ展開は悪くないし、凹凸もしっかりしてて軽く泣きゲー要素もある。
キャラクターも魅力的だし、何よりここのかさんのイラストはかわいい。

ただちょっと難点は、テキストがしつこいとゆーか、同じような会話を何度も見てる感とゆーか。
よーするに少々くどい。

テキストのくどさに目を瞑れば演出とかもかなりしっかりしてるし普通に良作。
なんでもっと売れなかったんだろう。不思議だ。



!!以下ネタバレ!!




んで、それが『桜華編』の話で、

そのハートフルな『桜華編』が終わるとその設定を生かしたバトル系シナリオ『闇使い編』が始まる。

その『闇使い編』のOPムービーがもう神すぎ。
そんなルートがあるとは知らずに突然始まったもんだから、そりゃもう。興奮しすぎておもらししそうになった。
あまりにかっこよくて何度も見たなあ。

しかし肝心の内容は、なにか書き足りてない感じ。惜しい。惜しすぎる。
ピンポイントのバトルシーンとかかなり熱いのに。物足りない。物足りないんだよー。

たぶんOPが神すぎて内容がOPに負けたんだな。
OP見て「こ、こりゃただ事じゃない!この戦いそうなキャラ設定はこっちのシナリオのための布石だったのか!」
と盛り上がりすぎて、あまりにもあまりにも期待しすぎてしまった。


いや、それでも十分面白かったけど。
闇使い編の内容がもっとこう、それこそあやかしびと的なイキオイがあったらなあ。
と、そんな期待をしてしまうような設定なんだよ。まじで!!!

しかし、キャラもしっかり立ってるし、シナリオも良い、演出や音楽も良い。
声優だって申し分ないし、つーか原画ここのかさんだし!
なんでいまいちマイナーなわけ?
意味わかんねー!ヽ(`Д´)ノ


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。