スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・だったら、楽しくするしかないでしょっ

発売日:2008/11/28
ジャンル:ヒロイン巻き込まれ型ハリケーンADV
OHP:http://www.web-giga.com/sakahari/

■スタッフ
原画:ねこにゃん
シナリオ:木緒なち、陸奥竜介
音楽:TGZ

■歌
OP:pile up HURRICANE - 中川春菜
ED:明日へ踏み出す僕らの詩 - 片霧烈火

■ヒロイン
・綾瀬 奈都希 CV:伊野美由紀
・森永 ゆかり CV:風音
・深咲 涼 CV:遠山枝里子
・楠 ハル CV:花坂紅葉
・大澤 柚 CV:涼宮琉那

■他



めずらしくリアルタイムなレビューでございます。

略称「さかハリ」
まぁフォセットとかでも木緒なち氏は戯画作品に関わっていたので、別に驚くほどでもないんだけど。私的に『ねこにゃん×木緒なち』ってのはちょっと、これはもうやるしかないっしょ。
とゆーわけで久々にすごい勢いで終わらせてみた。

んで、内容。
まぁあちこちで言われてる通りボリウム不足感はある。わりとすぐ終わる。
雰囲気的にはこんにゃくに近いけど、ライターが違うんだから比べるものでもないかと。

シナリオの内容は完全なドタバタ系学園ラブコメ。
雰囲気はかなり良い。
比べるもんじゃないと言いつつ、やはりこんにゃくに近いモノはあると思う。コットンのナツメグとかも似たような雰囲気かな。
そーゆー感じ。
キャラも立ちまくってるし笑えるし、自分的にはかなり良かった。名作。
要所要所のパロディネタも使い方が良くて何か愛せる。さすがです。

キャラの立ちっぷりの話をすれば超一流。みんなよかった。
最後にすごい興味のないキャラとか残って、なかば嫌々ながら一応全部やろう感だけで攻略する。とゆーのも時々あるんだけれども。
そーゆーのまったくなかった。そのへんはさすが。
特に奈都希はかわいすぎ。何事だよ。


不満を言えば、
けっこう良いシーンとかがあっさりしてて、もうちょっとで泣きゲーとしても高評価できたのに、惜しい。もたいない。
って感じだろか。
しかしグダグダと無駄に長ったらしいよりはあっさりしてるほうが好きなので許す。

あとキャラにもよるんだけど、クライマックスの盛り上がりがいまいちで突然終わる感がある。
前半パートのあの盛り上がりはどこへ行ってしまったんだ。とかちょっと思ってしまったり。
主人公のハリケーンっぷりも後半はかなりしぼんでしまった件とかも、惜しい。

よーするに前半はすごい完成度なんだけど、終盤にかけてだんだんテンション下がってきてしまう。
もったいなかった。

後半をもうちょい詰めてたら恐ろしい名作になったんじゃなかろうか。
特に奈都希ルートをもっと、3倍くらいの、いや10倍くらいのボリウムにしたら良かったと思うんだ。
いっそ奈都希ゲーにしてしまえばry


注意点として、ゆかりは涼の後にやったほうが良いかも。いや、無理強いはせんが。
ゆかりを先にやるとラストの場面がちょっと意味不明になりそうなヨーカン。


絵は良い。背景とかすごいな。超綺麗。でかいブランドは違うなー。
立ち絵もイキイキしててGJ。
特に奈都希はかわいすぎです。心の底から画面の中に入りたいと思った。

音楽は並。
自分的にはこんにゃくのBGMが神極まりなかったので正直すごい期待してて、期待しすぎた。
でもまぁ、普通に聞いたら良いかもしれぬ。
歌モノは良かった。
OPは作品にもすげー似合ってて良い曲。
ED曲のイントロの最初のギターがなんかに似てる!どっかで聞いたことある!と思ってうんうん唸ってたらストレイテナーのSINGだった。
ちゃんと聞き比べたらあんま似てなかった。うん。そんだけ。どーでもいいな。


総括すると、良い。けどもうちょっとで神作になったんじゃないかと思うと、惜しい。
でも良いです。そして奈都希がかわいすぎる。

とゆーか、この「ちょっと物足りない」感がFDを売るための布石とかだったら戯画はすごいと思う。
けど、戯画ってFDあんまり出さないんだよなあ。
出して欲しいなあ。



以上!せば!


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。