スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この街で今起きる たった一つの奇跡

発売日:2007/12/21
ジャンル:ハートウォーミングアドベンチャー
OHP:http://www.nona.dti.ne.jp/d-space/sp/cloverpoint/

■スタッフ
原画:yuyi
シナリオ:J・さいろー、星野真樹
音楽:Angel Note

■歌
OP:クローバー - みとせのりこ
ED:Green Road - kala

■ヒロイン
・小鳥遊夜々 CV:みる
・稲森真星 CV:一色ヒカル
・柏木月音 CV:芹園みや
・日向美緒里 CV:草柳順子
・シロツメ CV:深井晴花

■他



略称はたぶん、クロポ。

一言で言うと、妹ゲー。
二言で言うと、超妹ゲー。

この作品を最後にMeteorは解散してしまったので、そう思うとけっこう感慨深い作品である。

シナリオもテキストもキャラクターも全部、いかにもエロゲ!とゆー感じ。
ギャグをまじえたほのぼの日常から個別の後半はちょっとシリアスになって、最後は奇跡が起きて終わり。とゆー。一昔前の黄金パターン。
タイトル通り、クローバーが奇跡を起こす。


実妹がメインヒロインなのでその辺の設定は萌え。
でも夜々の甘えっぷりとかは狙いすぎな感じでいまいちノりきれなかった。
それなりには萌えたけど、肌に合わなかったのかなんなのか。盛り上がり切れなかった。
やっぱ狙いすぎはダメだな。

学園モノで、寮生活とゆー設定なのでそーゆーのが好きならきっと楽しいと思う。
寮生活って設定を活かした和気藹々な雰囲気は良い。

個別はどのルートも展開が唐突すぎていまいちダメだった。
無理矢理クローバーを結び付けてるような感じでちょっと無理がある。


絵も音も並。シナリオも並。
なんでかわかんないけどそこはかとなく二流な雰囲気のするゲーム。

プレイ中はそこそこ楽しめたけど、終わった後たいした印象も残らなかった。
なんかそーゆー作品多いな、最近。

つーか部屋が寒くてタイピングするのがおっくうなのでもう寝る。


written by いんやん

編集・削除するのに必要
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。