スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M3-2010秋でした

サークルかつどう
おつかれさまでした(´ω`)
台風14号(チャバさん)とは何だったのか・・・って感じの天気でよかった

M3なのかGEBオフなのかよくわからないくらいの意気込みだったけど結果的にGEBはあんまり出来なかった。しかたなし。
すれ違いしたお方はピンクのサイドポニーの「きよら kiyora」がうちのきよらです。一番うざそうなボイスだけど使ってあげてくださいな。かわいいよ!

んでM3はというと
ぼんやり大臣さんと売り子してたら買出しに行くのが遅れて超楽しみにしてたRIGHT STUFFのPictured In Autumn 2010(無料配布)がもらえず・・・その時点で俺のM3は終わった。
購入リストは70以上あったんだけど心が折れたので実際買ったのは30枚くらいかな?もうだめだ。死のう。
[追記] と思ったら購入、交換、新旧作全部で53枚でした。あとは通販するかも。

戦利品は発送しちゃったので明日届いたら写真撮るです。
↓今回のタワー
\タワー!/

ご挨拶はお初の方もチラホラ。はじめまして。ぺこぺこ
いんやんが思ったよりかっこよかった、かっこわるかった、気持ちよかった、気持ち悪かった、などなど感想お待ちしております。

あんまり人の顔をおぼえるのが得意じゃないのでやはりTwitterのアイコンをすぐ見せられるようにしておくのはすげー便利だな、と改めて痛感。名前(ID)も文字列で覚えてるから口頭で「○○です」って言われてもピンとこないことが多いし。
(知ってる人も多いと思うけどこーゆーの作ったので活用してあげてくださいな。→Twitterアイコン名札ジェネレーター
さすがに3回目くらいの方はわかるんだけど・・・たぶん・・・

打ち上げはもつ鍋食った。うますぎわろた。値段もわろた。
なんかGEBとかやりだしてごめんなさい。だってこんな機会そうそうないんだもん!

そんな感じでした。参加した方はお疲れ様でした!


今回のスペシャルサンクス
マブさん(RMTの裏方様、毎度のことながら多謝!)
大臣さん(売り子とGEB、おかげで楽しいイベントになりました!わーい)
くらみんたん(癒し、かわいい!)
恋ちー(インベーダーエコバッグありがとう!)
しき(ドーナツ差し入れ、もぐもぐ食べました)

あと挨拶来てくれた方、打ち上げ一緒に行った方、CD買ってくれた方。などなど。
ありがとございました(´ω`)


あ、次回イベント参加は未定なのよ。
RMTは冬コミは参加しないです。次はたぶん来春のM3かなぁ。コンピとか企画してみたいけどどうなることやら

んじゃまた
スポンサーサイト
どもども
もう今週末はM3ですね!あっとゆーま!

今回持ってくのは新作とRePLAY(大量)とnega:posi(少量)です



この3つですね。
他のはもうないです。基本的になくなったらもう作らないよ!


あと委託してくれよって声があったので新作の渦はあきばお?様に委託しようと思ってます
決まったら特設あたりに書くです


売り子はなんとZephyr Cradleの大臣さん!
うひょーまじでー?
まじまじー!

何つながりかと言うとゴッドイーターバーストですね!
当日はPSP持ち込んでGEBマルチうはうはwwwの予定
果たしてそんな時間はあるんだろうか


えーと、そんな感じです
んじゃまた
In a fog / Into the blue
■ジャンル:オリジナル(インスト/ピアノ)
■頒布日:M3 2010春



ピアノ音源を基調としたインストアルバム。青がテーマなのかな。たぶん。ピアノと言っても全曲ピアノオンリーというわけではなく普通にリズムも弦楽器の音も入っていてあくまでもピアノを主体としているだけ。

●1. カノジョのウタ -her song-
やや悲しい感じのピアノ曲。印象的なメインフレーズが耳に残る。

●2. スパイラル -spiral-
いろんな楽器を使った曲。BGMにするにはやや激しいしノリノリで聴くにはおとなしい、かなぁ。

●3. 雪が降る -red fruit-
ゆったりしたピアノメインの曲。日常っぽくて良い雰囲気。

●4. ハッピーエンド主義 -WALKING!!-
曲名が良い。なんていえばいいのかな。ジブリっぽいつーか、なんつーか。奇妙な小道を散歩してる感じで面白い。FFのドワーフの曲にも似てる。

●5. 時間遡行 -story-
すげーいい曲。前半は優しい感じだけど後半はいつの間にか淋しくなってる。個人的には逆の方が良かったなw

●6. 日常の風景 -fantastic world-
タイトル通り青空が似合いそうなぽかぽかな日常サウンド。

●7. 河の流れ -riverside-
田舎の川って感じ。しっとりまったり。

●8. 説得力 -Persuader-
やや緊迫感のあるソリッドな曲。けっこう好きだなーこの曲。

●9. さよなら -see you again-
〆は文句なしの名曲。卒業式かなにかを彷彿させるようなせつなあったかい雰囲気でやばい。フレーズも印象的で何度もリピートして聴いてしまった。シンプルなリズムもまた良い!これは浸るワー(´ω`)

何かのサントラのような一枚。一曲一曲がすげーわかりやすくて、この曲はこーゆーシーンにぴったりだなーって感じで場面が自然に浮かんでくる。何かのサントラみたいなBGM系の音はけっこうあるけど、ここまでくっきり場面が浮かんでくるのもめずらしい。これはもうサウンドドラマと言っていい領域じゃなかろうかw 私的にはラスト曲が桁外れに良い。すごい聴いてる。泣ける。

written by いんやん
Zephyr Cradle feat. TAM / Zephyr Violin Duo
■ジャンル:ゲームアレンジ(インスト/バイオリン)
■頒布日:C78



タイトル通り前作から引き続きTAMUSICのTAMさんを呼んでのKeyとスクエニのアレンジCD。前作も良かったけど今回もまた快作!

●01 Gentle Jena -はじまりのおと-
planetarianの名曲。大幅なアレンジはせずに弦楽器を追加することでよりやわらかい雰囲気に仕上がってる。導入としてもナイス選曲

●02 My Soul, Your Beats! -Zephyr Violin Edition-
まさかのAB!原曲もぶわーっと広がる雰囲気だけどそれに輪をかけて広がりのある音に。リズムうまいなあ。見事にハマってる。

●03 新しき世界 -Unison of the Violization-
FF5の第3世界のフィールド曲ですね。原曲は不安な感じの曲だけど勇ましい感じにアレンジされてる。初聴時はそうでもなかったけど何度か聴いてたらすげーかっこよかった。

●04 風を待った日 -little wish-
kanonの寂しい曲。これも大幅なアレンジはせずに原曲を維持しつつより豪華にした感じ。ベースが入ってくるあたりからの盛り上がりが気持ちいー。

●05 時の回廊 -summer horizon-
クロノ来た!これ今作で一番好きかも。一音一音がよく生きてるしリズムもクールですごく良い。ずっと聴いてられる。

●06 angel's night -祭りの後-
聖剣2ですね。正直あんまり覚えてないw いきなり激しくなるところがかっこいい。

●07 風の辿り着く場所 -day after tomorrow-
kanonのED曲。これはまたずいぶんとしっとり静かなアレンジ。ゆったりまったりいい感じ。名曲はどうアレンジしても名曲なのである。

前作よりさらにバイオリンが強調されてる気がする・・・けど気のせいかも。
テーマは夏の空とゆーことらしいけどあえてAirアレンジを入れてないのが面白い。なんにせよかなり聴きやすいので誰にでもオススメ。弦楽器とかこーゆー感じの音が好きなら原曲知らん人でも十分楽しめるんじゃないのかな。
私的には電子音なしのインストとゆーことで邪魔にならないBGMとしてかなり重宝してます。やっぱりこの手の音は聴いてて疲れないので良い。

written by いんやん
Mundane BM / SUMMER トナモモイス
■ジャンル:オリジナル(コンピ/インスト)
■頒布日:C78



どういうサークルなのか何も知らないんだけど試聴で公開されてた(しかもフル!)Planetoidという曲がスーパー良かったので買ってみた
コンセプトは「空」の多ジャンルごちゃまぜコンピらしいです
各曲にわざわざジャンルが書いてあってlike a beat mania

●01 MAVERICK / TRASH
ジャンルは[Rock] どのあたりが空なのかよくわからないけどインストロックにしてはなかなかのかっこよさ。ちょいダサなフレーズが古き良きロックって感じ

●02 Storm of ruin-破滅の暴風- / UNIJIROOH
ジャンルは[Hardcore Metal] うーん、いまいち何がしたいのかよくわかなかった。音のキレもいまいちだしリズムもつまんない

●03 GET THE MOON / HO-RO-
ジャンルは[Hard Trance] 俺のイメージするハードトランスとはちょっと違うけどトランスかなー。ハードが足りない

●04 Acceleration / N9GA
ジャンルは[Trance] 雰囲気は良いんだけどブレイクも寂しいしなんとなくノりきれない

●05 Sensation d'ouvrir / 虍鍵
ジャンルは[Happy Hardcore] なんか惜しい。悪くはないんだけど・・・なんですかねぇ(´-`)

●06 イビザ島の森林浴 / Maitatallo Master
ジャンルは[New Age] SEみたいなシンセとピアノ構成で良い感じ。しかしこの手の曲にしては短すぎるw

●07 Planetoid / 緑茶
ジャンルは[Trance] トランスかどうかはさて置きむちゃくちゃ良い。ぶっちゃけ夏コミで買った音で単曲ではこれが一番好きかも。もうメロがやばい。永遠に聴いてられる。ベースが入ってくる瞬間が良い。この人誰なの!すげー気になる

●08 Ne×+' +o +he… / MM Tranqy
ジャンルは[Tranqy Trance] ってなんだろ。知らないけど曲はアゲアゲなトランス。ノリもいいし動きまくりのシンセがなんかはしゃぎたくなるようなポップさでけっこう好きだ

●09 夜空に…星、ひとつ / おいも
ジャンルは[Piano solo] ラストはしんみり系のピアノ曲。CDの中では浮きまくりだけどなかなかに良い!いかにもな泣きゲっぽいベタな感じ

これはっきり言ってジャンル表記がなかった方がよかったんじゃないのかなー。
ジャンルが書いてあることで「んー?」と思ってしまう部分がチラホラ。なんも書いてなければもっと素直に聴けたと思う。どうせジャンル表記するならもっとわっかりやすいステレオタイプな楽曲にしたほうが良かったんじゃ・・・という印象。あとコンセプトの「空」とゆーのもあんまり感じられなかった。
と、なんだか辛口気味になってしまったけど200円でこれなら十分すぎる内容。けっこう楽しんで聴けた。というか緑茶さんのPlanetoidが良すぎるので素晴らしいCDでした。という感想になる。アホみたいに聴いてるよ!

written by いんやん
Einherjar Records / transit
■ジャンル:オリジナル(トランス)
■頒布日:C78



東方アレンジで活動してたERがついにオリジナルを!待ってました!
今作はjeanさんの楽曲のみ!セラフさんどこいったの・・・

●01 birth
いきなりえらい壮大なトランス。中盤のひっぱりまくるブレイクやばい。ちょー浸れる。

●02 astroy
この曲だけ若干雰囲気違うけどこれはこれで良い。コーン!って音が特に良い。なんか複雑で聴くたびに違く聴こえる

●03 stellarium
初聴時は地味なトランスって思ったけどヘッドホンでじっくり聴いたら作りこんであって面白かった
というか全曲けっこう作りこんであって面白い

●04 moment
なんか懐かしい雰囲気!こーゆートランスいいよねーw

●05 transit
表題曲ということで、1?4曲目の全部を足したような感じだろか
おらおら盛り上がれやー!って感じではなく、じわじわと入ってくる感じのトランス
ハマり込むと大変に気持ちがよろしゅうございます


全曲通してベースはダッチトランスとかジャーマントランスとかその辺なんだけど、あんまりキャッチーじゃないとゆーか、メロメロしてないとゆーか・・・なんて言えばいいのかな。口ずさめるほどのメロがあるわけじゃなくて・・・。抽象的な感じって言えばいいのかな。アッパーと浸り系の中間くらいの音。
そんな雰囲気なので一曲抜き出して聴くよりは一枚通して聴きたい。
てゆーか音が良いwなんでこんなすっきりしてんだ。ミックス教えてくだしあ・・・

written by いんやん
PechKa / Pleasant#2
■ジャンル:オリジナル
■頒布日:C78



今作は夏がテーマらしいです
イントロ、ボーカル曲、インスト、ボーカル曲(ゲストにおさむらいさん)と構成は前作とまったく一緒

●1 Pit stop
これからはじまるよーって感じの曲ですね。なんかえろい

●2 Hickey
電子音を前面に押し出した4つ打ち+ボーカル。リフレイン強力で耳に残る
リフレインって意味よくわかってないけど・・・

●3 m.p.l.e
オサレなインスト。程よくノリノリでいい感じ

●4 To us of tomorrow
軽快な4つ打ちとおさむらいさんのアコギが絶妙で素晴らしい。ねーさんの声も相変わらず色気があって良い。これはドライブに超最適な曲だなあ。海岸沿いを走りたい
わんwwwwwwつwwwwwwすりwwwwwwかもっwwwwww


ノリは良いんだけど妙に落ち着いてるというかなんというか、案外まったり聴ける。前作、今作と聴いて基盤にジャズがあるのかなー?と思った。リズムの雰囲気とか。いや知らんけど。
しかしこの3人は良い組み合わせ。ちゃぼさんのトラックとねーさんの歌とおさむらいさんのアコギ!素晴らしい。
妙な色気があるのはたぶんちゃぼさんがえっちな人だからなんだろうな!
やーん

written by いんやん

2010-M3秋の新作についてとか

サークルかつどう
おひさしぶり!
ブログって書かなくなるとほんとに書かなくなりますね!

えーと、M3の新作の話ですけど、
今回は今まで比べるとテクノ寄りです

なんかデザイン関連は妙に不気味な感じになっちゃったんだけど肝心の音の方は別にそんなに怖い感じじゃないです
なんというか・・・まぁ暗いといえば暗いのかもだけどw
デザインからイメージするほど恐ろしい音楽ではないですよってことですよ

単にデザインしてるうちに変な方向にノってきてこんな雰囲気になってしまっただけという・・・
実にしょうもない話

テクノといいつつアンビエント気味なニカも入ってます
これはメタルのCDでいうところのバラードというかなんというか
なんでしょうね


↓試聴を公開してるので聴いてみてくださいな
渦
ひどいバナー


あ、ジャケはまた自分で描きました
STAFF欄がすっきりしてて素晴らしいね!
絵描いてくれる人がいなくなってしまったので・・・誰か絵描いてください(切実

あと今回スリムケースです。薄いよ!

店舗委託は今回しないかも
会場行けないから委託してくれーって人が一人でもいたらします。もしいたら連絡くださいな


んではまたー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。