スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついったーで時々ようつべを貼ったりしてるんだけど、そのログがぼちぼちたまってきたのでまとめてみる。
とりまRephlex関連のモノをいくつか。

Rephlexと言えば、かの有名なAphexTwinことリチャード(とグラント氏)が主催する変態テクノレーベル。自分は思いっきりRephlex世代なのでレーベル買いしてたくらいによく聴いてた。当時と今ではだいぶ路線変更してしまったので最近のはよくわからない。CAT120くらいまでは本気で全部集めようとしてやっきになってたこともありけり(途中で諦めてほとんど売ったけど)


Bodenstandig 2000 – Saureschnauze

めちゃくちゃ懐かしい!声のテクノ。
[CAT068] bodenstandig 2000 / maxi german rave blast hits 3の2曲目。
こいつらはチップチューンとゆーかローファイチューンとゆーか。安さとアホさが売りの変な二人組。当時、本当はこいつらは存在しない二人組で実はAFXの別名義なんじゃないのか?とか言われてたけどちゃんと存在してた。ライブ映像なんかもようつべに落ちてる。


Cylob - Rewind

Rephlexを語る上では外せないクリス・ジェフ。この曲はレーベル100枚記念のThe Braindance Coincidenceに収録されてた曲。


Bogdan Raczynski - Kimi Wa Tsumannai, Boku o Iranai

私的にはAFXを超える天才(変態)ボグダン。
[CAT085] Bogdan Raczynski - Samurai Math Beatsの11曲目。ボグダンはもう大好きすぎて大変です。泣く。

Plug - Drum 'n' Bass For Papa

これはRephlexのCDじゃないんだけど、まぁルーク・ヴァイバートなので一緒に紹介。
この曲は今までに聴いた全てのドランベの中で一番好きだ。クールでカッコイイ。発売から10年以上経つけどこれを超える曲に未だ出会えず。


あ、こんなもんですな。
スポンサーサイト
私は…あなたといつも一緒にいたい…

発売日:2003/10/10
ジャンル:恋愛アニメーションADV
OHP:http://www.jellyfish-pc.com/lovers/index.html(UMDPG Editionのページ)

■スタッフ
原画:古美明
シナリオ:MAB、高志奈未希
音楽:ham、TeeD

■歌
ない

■ヒロイン
・河合理恵 CV:静木亜美
・山本のり子 CV:三五美奈子
・大沢ひな子 CV:藤田夏海

・佐倉真由美 CV:伊藤瞳子
・田代美紀 CV:友永朱音

■他
1998/04/17発売の「ラブ・エスカレーター」のリメイク作。
2007/12/28にいろいろ特典(CG集とかキャラソンとか)同封の「LOVERS ?恋に落ちたら…? PREMIUMPACK」が発売。
そして2009年「UMDPG Edition」が発売予定。OHPのTOP絵の理恵が別人なんですがw

↓修正パッチとか
http://www.jellyfish-pc.com/support/title_02/index02_00.html



原作のラブエスは1998年発売とゆー10年前の産物。

これはジャンル分類しにくい作品だなあ。
抜きゲー要素が強いんだけど、それなりにシナリオもしっかり書かれてる。抜きゲーの一言で済ませてしまうのはちょっと違うような。
高校最後の一年間を描いたシナリオで、日常シーンは近年のエロゲとは違ってヒロイン達ときゃいきゃいするとゆーよりは男友達とだらだらやってるのがメイン。とは言え毎週末ヒロインとデートしたりもするんだけど。

その週末デートのせいでシナリオにも重みがなくなる。
日常シーンであーだこーだやってても、週末になったら何事も無かったようにデートイベントになるのでなんだかなーって感じ。

シナリオ面ははっきり言って古臭いんだけど(古い作品なんだから当然w)これがなかなかちゃんと読めるシナリオ。ものすごく面白いとゆーほどでもないけど、まぁ飽きずに読んでられる。とゆーかシナリオ展開よりもキャラクターが魅力的な感じ。
文章力があるのかどうかわからんけど、シナリオの内容はほんとどうでもいいような内容なのになぜかそこそこ面白かったと思える。
そして時代的にキャラというキャラがなんとなくダサい!そこを「逆にたまらんw」と思えるか「ねーよ」って思うかでかなり評価が変わるでしょう。たぶん。

ヒロインは一応3人いるけど、メインは理恵で残り2人はおまけとゆー感じ。完全に理恵ゲー。
理恵のHシーンは膨大な量(52シーン+初体験)あるのに対してサブヒロイン2人は各11シーン+初体験。Hの内容も理恵には何をさせるかコマンドで選ぶのに対して、サブヒロイン2名はランダムに表示されるだけ。
正直ここまでの落差があるとは思ってなかったので、ひな子に期待してプレイした俺的にはかなりがっかりした。

特筆すべきはやはりHシーンのフルアニメーション。
今見るとしょぼいんだけど、まぁ時代を考えたらすごい。理恵の初Hシーンだけは新規に書き下ろしたらしく素晴らしいクオリティ。全編このクオリティだったら神になったと思われる。つーか(理恵の初Hシーン以外の)アニメと立ち絵・イベントCGの顔違いすぎw
ちなみに(理恵の)Hシーンは上記の通りコマンド入力で内容を指定してくシステムで「キス」とか「フ○ラ」とか「挿入」とかシーン別々の短いアニメを繋げて見る事になる=流れは悪い。
あと(理恵だけ)調教要素があって全Hシーン回収は攻略サイトを見ないとかなり辛い。

週末イベントはやたらミニゲームが多いんだけど総じて妙に難易度が高くめんどくさい。

どう考えても美紀が一番可愛いのに脇役極まりないのでもちろんHシーンなんてない。なめてんのか!脇谷が主人公で美紀がヒロインのスピンオフ出せや!

音楽はいかにも昔のエロゲーとゆー感じ。

ギャグ要素も一応あるけど爆笑するほどのレベルではない。


まとめ。
エロいと言えばエロい。アニメーション好きならやっていいんじゃないだろうか。量だけの話をすればかなり多い。
全体的に(キャラもシナリオも)古い。その古さに耐えられればそこそこ楽しめると思う。
理恵ゲーなのでのり子、ひな子目当てでのプレイは避けましょう。


written by いんやん
HT-03Aサイズ(640x480)の壁紙いろいろ3回目。
今回は虹イラストなし。
ものすごい勢いでうpしてるけど、誰か見てる人はいるんだろうかw

↓続きから。
...more

入れてるandroidなど

HT-03A/android
私的に最低このくらいは必須じゃないかしら。とゆーアプリをぽろぽろ。

ASTROASTRO
ファイルマネージャ。SDカードの中身がディレクトリ階層で見れるので便利。リネームとか起動アプリ制御もできる。


CommantalbCommantalb
Winで言うところのAlt+Tab機能(MacならCommand+Tab)ツール。起動中のアプリを手軽に切り替えたり終了させたり出来る。つーかこの機能が標準で付いてないってのもおかしな話だけど。androidアプリって終了ボタンがないものも多いのでこれは大変に重宝してる。


En2chEn2ch
2ちゃんブラウザ。専ブラもいろいろあるけどとりまこれで見てる。


FlickWnnFlickWnn
simejiかこっちかで分かれる文字入力アプリ。俺はこっちのが好き。


QRコードスキャナーQRコードスキャナー
その名の通り。これも標準で入ってないのでとりあえずこれ使ってる。


RingdroidRingdroid
着音エディタ。まぁPCでやった方が早いんだけど。


SnapPhotoSnapPhoto
カメラアプリはいろいろあるみたいだけどなんとなくこれにした。


Swift Twitter AppSwift Twitter App
みんな大好きTwitterクライアント。あれこれ試した結果一番使いやすかった。ただ「jump to NOW!」するとたまに落ちるのがちょっと気になる。あとフォロー関係がもうちょっと充実してくれれば言うことなし。


自分が使ってるのはこんなとこ。
アレコレ試してるとあっとゆー間に一日終わってるから恐ろしい。便利なアプリ入れていろいろと時間短縮!に本当になるんだろうかw
そうなるまでにかかる時間がハンパじゃなさそうなんですけどw

★android関連の情報は↓この辺でチェックしてます。
HT-03A wiki@2chのこのページ
Androidあぷぷ
Android アプリおすすめサイト オクトバ
携帯総合研究所

あとtwitterやってる人はandroid_infoさんとかandroid_fanさんあたりが随時情報をpostしてくれてるので便利です。
そこまでいじり倒したわけじゃないけど、買った当初はフリック入力とゆー単語すら知らなかった俺が必死に使いこなそうとしてみた感想とかいろいろ。
極私的な意見なので購入迷ってる人は他のまとめ記事とかと合わせて見るように。

まず、google携帯と謳ってるわりにはgoogle特化してるわけでもない。googleって感じがするのはgmailとカレンダーくらいでグーグルアースも使えない。とゆーかその辺はわりとどうでもいい。android末端として面白いので買って失敗したなあとは思ってないですよ。


>悪いとこ
どこでも言われてるけどバッテリーの減りが本当に早い。マジで見る見るうちに減ってく。
デフォでバッテリー2個付いてるんだけど、2個じゃ足りないw
とゆーか充電地が2個あっても充電アダプタ付属しないので「本体に装着>充電>フルになったら交換」とゆーのがめんどい。充電用アダプタが付いてればまだよかったんだけど。まぁその辺のアクセサリはいろいろあるみたいなので今度漁ってみるつもり(なんかオススメあったら教えて欲しいです)

あとタッチパネルの精度がやや低い&ボタン類が小さい。
これがけっこう致命的。特に変換候補とか小指で押したいレベルに小さい。片手操作で親指でタッチすると大抵ミスる。このへんのボタンサイズを変えられるようになったら快適になりそう(ってか知らないだけでもしかして出来たりするのかも)
まぁまだ一週間。だんだん慣れるだろう。たぶん。

androidアプリが英語のモノばっかなので設定がよくわからん。
これは俺の英語力不足とゆーのもあるがw日本人PGがんばれ!!

現状、flashが見れない。これはけっこう痛い。出先でサン牧の手入れしたかったw


>良いとこ
携帯とゆーかスマートフォンなので、元々携帯不精(PC大好き♪)な俺としては持ち運べるミニPC的存在でガラケーより自分に向いてる。

かなり基本的なシステム以外はandroid次第なので行き先が楽しみ(人柱的な意味も含めて)とゆーか正直不安w

iPhoneと比較されてボロクソ言われて「でもそんなこいつが好き♥」とゆー後ろ向きな愛。

カメラの性能もひどい。って言われてるけど、これの前に使ってたNOKIAはさらに輪をかけてひどかったので俺的にはカメラ機能向上したので嬉しいw

あれ?全然良いとこないみたいじゃんw


>i-modeについて
基本的にはさよならi-mode。
俺はi-modeにまったく執着してなかったので(メールも含めて)どうでもいんだけど、共存させてる人もいるらしい。
メールの受信はアプリ経由で実機でも可能なんだけど、受信するだけでメールはセンターに溜まる一方。んでいちいちi-mode対応携帯にFOMAカードを差し替えて溜まったメールを削除するとゆーかなりめんどうな共存。そこまでして@docomoメアドを維持しようとは思わん。


>android
楽しいです。まだ全然完成されてないところも含めて楽しい。
現状、毎日いくつもの新しいアプリが追加されてるので正直追いつけない。まとめサイトとか見ながらよさそうなのを入れたり消したり試してます。ゲーム系はあんま見てないけど基本的な操作&機能に関するアプリはけっこう充実してきた感じ。

まったくわからん人のために簡単に説明すると、PCにフリーソフト入れてるみたいなもんです。
カメラのアプリ、キーボードのアプリ、ブラウザ、ファイラー、などなど。便利なのから意味のないのまでいろいろあるのでカスタムしがいがあるとゆーかなんとゆーか。フリーソフト入れまくってPCカスタム(ソフトウェア的な意味で)しまくるの好きな人なら絶対楽しい。


>まとめ
ある程度以上PCに詳しい人でないとかなり厳しいと思われる。

王道をカツカツ進みたい人は迷わずiPhoneにしましょう。

逆にアウトロー気質のある人(不便さを可愛いと思えるタイプの人)にはオススメします。
※自分は元々NOKIAの携帯使って、ミニクーパーに乗っているような人間なのでHT-03A気に入ってますw

携帯メールとか携帯サイトに執着のある人には間違っても勧められません。



そんなこんな。
気になってる人はまとめ記事があちこちにあるので検索してみたら良いかと(大抵ボロクソ言われてるけどw)
俺はわりと気に入ってますよ。見た目もかわいいし、なんか愛せる。

今回も適当に拾ってきたのリサイズしただけー。
ARIAが異様に多いのは俺の趣味です。

つづきで↓
...more
HT-03Aサイズ(640x480)の壁紙いろいろ?。
適当に拾ってきたのリサイズしただけ!

つづきで↓
...more
実機にSS機能がないので(アプリも今んところないっぽい?)AndroidSDKとゆーのを使ってPC経由で撮るらしい。検索したら何件かひっかかったんだけど、どこも微妙に違ったので自分の場合を書いとく。


実機の「設定>アプリケーション>開発>USBデバッグをチェック」してUSBでPC接続。

ここ(http://developer.android.com/intl/ja/index.html)から「Android SDK」最新版をDL>解凍(今現在の最新はAndroid 1.6 SDKでした)

解凍したフォルダん中の「tools\ddms.bat」を起動するとコマンドプロンプトの画面のちDalvik Debug Monitorが起動。

ここでみんなつまずいたっぽいんだけど、やはり俺もつまずいた。PCがHT-03Aを認識しない。
そこでここ(http://www.htc.com/tw/SupportDownload.aspx?p_id=267&cat=3&dl_id=564)の下の方にあるプルダウンメニューから1.「HTCsync(.zip)」 2.「HTC Asia」を選択して下載(DL)>解凍>インストール。
HTC syncが立ち上がるんだけど、必要なのは(たぶん)ドライバだけなので邪魔なら終了しても問題なし。

この状態で再度ddms.batを起動させてみるとばっちり認識してた。
Dalvik Debug MonitorのDevice>Screen captureをクリックすると・・・おー、出てきた。pngで保存できる。

SS撮れた?ヽ(´ー`)ノ

以上。
手軽にSS撮れるアプリが出てくればいいんだけどなー。


ちなみにまるで知識がない人がいくつかのサイトを見ながら適当にやった結果なのでいろいろ間違ってるかもですよ。気をつけろうか!



[追記] 2009.09.22
Android単体でスクリーンショット撮れる方法もちゃんとあるみたいです。
↓ここで紹介されてます。
http://xenonews.blog50.fc2.com/blog-entry-2197.html
作るのめんどいから検索したんだけど、なんか全然壁紙置いてるとこがない。どーゆーこと?

この携帯はデスクトップ(?)の仕様が特殊で、PCで言うところの仮想デスクトップが標準で入ってる。デフォだと「左・中央・右」と横に3画面あるんだけど、壁紙は2画面分を半分だけスライドする。言葉で言ってもよくわからんなあ。図で説明する。

↓たとえばこーゆー壁紙にしたとすると
かがみん!!

↓左の画面だとこうなる
双子キター!!

↓メインの中央はこう
おい!かがみんが見えねーぞ!

↓んで、右の画面はこう
かがみんが・・・遠い(´・ω・`)

ちなみに壁紙のフルサイズは640x480
使用時、一画面内に表示されるのは320x480
フルサイズのアスペクト比はよくあるPCの壁紙サイズなので拾ってきて縮小すればいいだけなんだけど、片方に寄ったデザインだと(例えば右側にキャラがいる壁紙だと左画面にした時、何もないとゆー感じで)残念なことになってしまう。
空とか山とかの写真ならあんまり気にならないだろうけど、虹絵の壁紙とかはかなりモノを選ぶ。上のらきすたみたいに4キャラが一番好ましいかも。


つーわけでまぁまぁに収まるのを探してリサイズしてみた。
千佳とコッポラ ひろいもの ひろいもの

で、実際使ってみたんだけどアイコンやらウィジェットやら置くからあんまり虹絵の壁紙は向いてないかも。萌えは諦めてクールな感じにしようかなあ。
またなんか作ったらうpします。
携帯変えた。
ちなみに今まで使ってたのはNM850iG(NOKIA)3年くらい使ってたかなー。今までありがとうございました!お疲れ様でした!!ウェーィ

で、google携帯!これな
まだあんまり触ってないので細かいレポはまた今度。
ちょろっといじってみた感想などを添えてドロッセルお嬢様に紹介してもらいましょう。
どろ「これがゴーグル携帯よ」
でーん!
ドロッセル「これがゴーグル携帯よ」
グーグル携帯「グーグル携帯です。お嬢様」
ドロッセル「あなたはクチをはさまないで」

iPhoneに比べると一回り小さいけど、そこそこでかい。
まぁ薄いのであんまり気にならない。
ストラップ穴はないもよう。元々付けないからどうでもいいけど。
ストラップ穴ありましたwスピーカーの穴かと思ったらストラップ穴だった。不思議な装着のしかたするんだなこれ。

↓光るグーグル携帯に驚くドロッセルお嬢様
どろ「!!」
ドロッセル「あなたも光るのね。まぶしくて何も見えないんじゃない?」
グーグル携帯「その通りでございます」



↓グーグル携帯で遊ぶドロッセルお嬢様
どろ「?♪」
ドロッセル「文字が打ちにくいわね」
グーグル携帯「左様でございますか」

そう!デフォのキーボードインターフェイスが使いにつくい。
iPhoneみたく [あ]→=え とか [か]↑=く とかみたいな特殊な打ち方はできないっぽい。
普通に あああああ=お って打つんだけど、タッチパネルだから連打が非常にめんどくさい。一度画面から指を離さないと2回打ったことにならないわけだ。反応もやや悪いし、タイピングに関しては予測変換がかなり重要になってくる感じ。
まぁそのうち慣れるだろうけど、コレは結構減点ポイント。


どろ「まぁ、これからよろしくと言うわけね」

ぐぐる「ぺかっ!」
ドロッセル「まぁ、これからよろしくと言うわけね」
グーグル携帯「ぺかっ!」
ドロッセル「まぶしいわ」
グーグル携帯「左様でございますか」


一番重要なのは、i-modeは完全に使えないとゆー点か(無茶すればi-mode共存できるけどめんどくさすぎ)。i-modeが使えない=i-modeメールも使えない=メアド変わる。ってことは、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)もあるわけだし、ぶっちゃけiPhoneでもよかったんじゃないかなと思える。まぁいいけど。
で、メインメールはGmail推奨。ちゃんとメールが来たら着信するので普通に携帯用メールとして使えるけど、デフォ状態だと絵文字とかは一切使えないっぽい。


通信がi-modeじゃなくなるのでプランもパケ代上限のあるプランに(ほぼ)強制で入る。この辺はiPhoneと一緒かな。
あと肝心のWEBブラウジングに関しては今のところ不便は感じない。慣れてないのでよくわからん部分もあるけどすぐ慣れそう。強いて言えば上記の通り文字が打ちにくいので検索するのがややめんどい。

とりまAndroidをちまちまいじってみたりしようかな。
ちゃんと使ってみてから再度レポ記事上げようと思いますです。
今日(もう昨日)は待ちに待ったそらいろの発売日!
つーわけで買ってきたんだぜ!
そらいろ!!!
どーん!!


用途を説明すると、
1個目、ぺろぺろ舐めたりくんかくんかしたりする用(常時持ち歩く)
2個目、一緒に寝る用
3個目、一緒にお風呂に入る用
以上!

あいちゃんかわいいよ!かわいい!!!
なんだこれ。あー、俺もしかしてピンク髪属性なのかな。


しかしまぁ、なんだ。
ねこねこはもう俺のなかで特別なメーカーなのでそらいろは買ったけど、ここ最近エロゲ熱冷めてきた感じ。前は店行ったら新作並んでるのでわからないのなんてなかったのに、今日久々に行ったらわからんのだらけだった。もうだめだ。

つーか最後にやったエロゲなんだっけな。スズノネセブンも積みっぱなしだし。あー、俺つばか!冬じゃんwww
脱☆エロゲーマー


とゆーわけで久々のエロゲ。インストール・・・するよ!たぶんきっと!ねこねこは積まない。それが俺のねこねこ道。
■HP:http://hoecat.web.infoseek.co.jp/
■ジャンル:よろずアレンジ
■頒布日:C76



毎度毎度気が狂った(最上級の褒め言葉)アレンジで楽しませてくれる砂塵音樂室。アングラを地で行くある意味硬派すぎるサークル。今回はエロゲアレンジ4曲。相変わらずのぶっ飛んだセンス!さすがすぎた。

1.SOUND OF DESTINY / WHITE ALBUM
原曲のさわかやでPOPな印象はどこへやら。おどろおどろしい暗黒サウンド。この曲をこんな風にしてしまえるのはこの人(ほえ猫氏)くらいなもんだろう。普通にカッコイイんだけど、どこかネタっぽくて笑ってしまうwこれぞ砂塵音樂室!

2.Ontology / 鬼畜王ランスより
亜空氏によるメタル気味サウンド。打ち込み丸出しの安いドラムが同人臭さ全開。これぞ砂塵音樂室!

3.瑠璃子 / 雫より
ほえ猫氏による暗黒系テクノ(?)アレンジ。リズムがやたらかっこいいんだけどころころ展開するので踊りにくい。どーせならもっとビートをメインにしてダンス系のノリして欲しかったかも。このビートで踊りたいよ!だがそれもまた砂塵音樂室!

4.WHITE ALBUM / WHITE ALBUMより
今作の目玉はこれだな。亜空氏によるありえないくらい大暴走アレンジ。どう考えてもリズムおかしいだろwやけくそすぎワロタw
絶対誰にも真似できない狂気のサウンド。これぞまさに砂塵音樂室の真骨頂!

まとめ。
いくら同人だからってこれはアリか!?とゆーすれすれのラインなんだけど、そこがアツイ!
リズムベタ打ち、基本無視上等の初期衝動全開極まりない砂塵音樂室サウンド。どちらかというと音楽やってる人にこそ勧めたい。初心思い出すかもよw

written by いんやん
■HP:http://stereographica.blog58.fc2.com/
■ジャンル:オリジナル(音響/実験/アンビエント)
■頒布日:C76



私的注目サークル「Stereo Graphica」の初音源。実験音楽的要素の入った音響/アンビエントサウンド。
アンビエント曲はイーノ系統の正統派アンビエントとゆー感じで非常に心地よい。生音サンプリングや環境音よりもデジタル寄りな音を好んで使っていて、Plateaux Resistance(Mille Plateux)とかovalっぽい。ノイズ要素も多少あるけど、どちらかと言えば美しさの方が目立つ。

これは曲数が多いので駆け足でいくんだぜ。

01.Self Portrait
宇宙系アンビエント(なにそれw)明るくもなく暗くもなく。ただ音が鳴ってる。

02.Nonstop Creation
このCDの中では目立ってるけど浮いているキャッチーな4つ打ちテクノ系サウンド。音使いも絶妙だし何よりメインフレーズが爽快で気持ちいい。

03.Mind Structure
生活ノイズ系のさまざまなリズムが交差する実験音楽。後半入ってくるピコピコがコナミワイワイワールドw

04.Communication phase 1
この辺の音がミルプラを彷彿させる。ミニマル+ノイズ=アンビエント。

05.conscious
実験音楽全開のサウンドアートっぽい感じのノイズ。わからん人にはまったくわからん領域。

06.visibility
正統派アンビエント。これ良いなあ。とても綺麗で聴きやすい。音の響かせ方が神がかってる。

07.Realize
残響が心地よい、これもミルプラ系統の音色。おっ良い音!と思ったらすごく短かった。

08.Earth Clock
ぼわーっと広がるシンセ空間にアコギの音を絡ませたエレクトロニカアンビエント。中盤の音のきざみ方とか超ハイセンス。これも好き。

09.unconscions
1分弱の音響/ノイズトラック。

10.Renature
超きれいな10分超えのロングトラック。安眠できそうな優しい音。KOMPAKTのPOP AMBIENTに収録されててもおかしくないくらいの極上アンビエント。

11.multiple viewpoints and advertisements
これも実験音楽っぽさ全開。やはりノイズなんだけど妙に美しくて心地よい。

12.Nonstop Creation Solid State Remix
2曲目「Nonstop Creation」のリミックスバージョン。なんと11分超えの力作。やはり爽快な感じで気持ちE!
結構遊び心を感じるアレンジなんだけど、基本を外してないというか無茶しすぎてないと言うか、安心して身を任せられる心地よさ。ジャンルで言ったらデトロイトテクノとか近いかな。2曲目の原曲の方もそうなんだけど古き良き90年代のテクノを彷彿させるスカスカ加減がたまらん。

13.psycho-graphica
これも実験系。抽象的すぎて説明しようがないw

14.cavernous cave
Skamあたりを彷彿させる暗黒系エレクトロニカ。ピリピリした緊張感があって非常にカコイイ。

15.BOYS DON'T CRY[Recollection](Bonus Track)
そしてラストは(なぜかw)Keyのリトルバスターズから「BOYS DON'T CRY」のアレンジ。メロディの薄い曲がずーっと続いて最後はこれ。突然メロディアスな曲が入ってくるもんだから鳥肌立った。これがまた素晴らしすぎるアレンジ。ノスタルジックさを前面に押し出したような感じでめちゃくちゃ泣ける。音の擦れ方から何から何までじわーっと入ってくる。極上すぎる音の麻薬。Keyとかニカが好きなら実験音楽とかよーわからんって人でもこの一曲だけは聴くべき。まじで。

総括。
一言で言うなら現代音楽。上記の通り音響/ノイズ/アンビエント要素が強いのでその辺好きな人ならまず間違いないかと。実験色の強い曲と比較的聴きやすい曲の長さ、曲順等アルバム構成も絶妙。緻密に作りこまれてるので聴き込んでもいいし、基本的には心地よいので垂れ流しにしてもおk(難解な曲は基本的に1分弱と短いのでその辺苦手な人でも垂れ流しにしておけると思う)
目立つのはやはり2,11,15曲目。この3曲はかなり聴きやすい。逆にそれ以外はわからん人にはまったくわからん世界。
↓自身のブログにライナーノーツがあるので読んでみると良いでしょう。
http://stereographica.blog58.fc2.com/blog-entry-25.html

written by いんやん
■HP:http://hypernoseblood.seesaa.net/article/125268537.html
■ジャンル:Keyアレンジ
■頒布日:C76



かなりソフトタッチなKeyアレンジ。そもそも選曲からして静かな曲が多い。曲調よりも音使いがやわらかい印象。そのせいか癒し系と言ってもいいような雰囲気だけどわざとらしさがなくて良い。よく言うイージーリスニングって狙いすぎたベタなのが多くて逆にストレスがたまるけど、そーゆー雰囲気ではない。

01 Last Regrets (from Kanon)
テンポも遅くないし、歪んだエレキとか使ってるんだけどなぜかまったく強さを感じられない(良い意味で)。ひたすらまろやかで心地よい。リズムもしっかり入ってるのにこれまた音色が弱々しくてなんともたまらん雰囲気。

02 町、時の流れ、人 (from CLANNAD)
ピチカートストリングスで主旋律を奏でたひじょーに静かなアレンジ。よい雰囲気なんだけどくそ短いw

03 凍土高原 (from Kanon)
これもシンプルでまったりしたアレンジ。異様に淡白なリズムが妙に不思議な雰囲気。さらに音数の少なさと音色が物悲しくて、なんとも白い。

04 汐 (from CLANNAD)
ピアノ原曲からオルゴール系エレピ(こーゆー音色、俺もよく使うんだけどなんて言うの?w)に音色変更しただけみたいな感じで原曲よりさらに儚くなってる。私的にはこっちのが好きかもw

05 青空 (from AIR)
唯一の歌モノ。ボーカルはTir Na NogのMaikaさん。死にそうな声だ。曲調も死にそうな感じ。サウンド的にはエレキとか使っててバンド系の音色なんだけどすげー弱々しい。暗めなんだけど黒とゆーよりは灰色。

06 回想録 (from AIR)
かすかに聞こえる波の音に、リコーダーかな?笛の音だけとゆー潔さ。物悲しすぎw

07 リグレット (from リトルバスターズ!)
ラストはKPDrecordsのkanabun氏によるゲスト曲。
これはもう。さすがとしか言いようがない素晴らしいエレクトロニカアレンジ。ニカ特有のリズムにピアノ系の気持ち良いウワモノ。いわゆる「エレクトロニカの王道」なんだけどめちゃくちゃ完成度高い。ツボを心得てるなー。こんなの自分のCDには絶対ゲストに呼びたくないw比較されたら死ぬw

まとめ。
全体的に短い曲が多い上にアレンジも(かなり)薄味なので印象には残りにくい。でも優しげな音色で音数少なくとゆー趣旨が俺のツボ。ともすれば手抜きとか未完成とか言われてしまうんじゃないかってくらいにシンプルなんだけど、俺はこーゆーの好きだな。( ´ー`)またーり・・・。

written by いんやん
■HP:http://bluestripes.mkplus.info/special/keyring2/index.html
■ジャンル:Keyアレンジ
■頒布日:C76



前作に引き続き今作もバンドサウンドからオシャレなテクノポップまで多彩な一枚。
どちらの系統のアレンジもレベルアップした感じで完成度上がってきた。次作も楽しみです。

1 introduction
哀愁全開のアコギインスト。鳥の詩じゃなくて羽根 -plume-のアレンジだそうだ。
最後まるでトランス曲に繋がるような終わり方をしておいて、2曲目はロックかよ!これは狙ったのかなー。ちょっとウケてしまったw

2 夏影 -natukage RockSummer Edition-
男性ボーカルの爽快なロックアレンジ。ここのサークルのバンドサウンド男性ボーカルアレンジは前作の時はちょっと苦手だなあと思ってたんだけど、この曲を聴いたら全然気にならなかったとゆーかむしろ好きになってしまったw
PV作ったら丘の上とかですげー風吹いてるorオープンカーで疾走だろ!ってくらいに爽快。

3 オーバー -cutie musicat mix-
ピコピコテクノポップ。「ソララド」のオーバーをそのままピコピコ系にした感じ。
原曲の可愛らしい雰囲気そのままにさらに可愛らしくアレンジ。Vo.たまこさんの声もこれまた可愛い。原曲から方向性を変えずにアレンジするのは結構勇気がいるとゆーか、むずかしいとゆーか。改悪になる場合が多いんだけど、これは文句なしの良アレンジ。「アレンジ=編曲」って本来こーゆー事を言うんだろうな。

4 Alicemagic -Famicom Mix-
変化球なしの正統派ファミコンチューン。近年のチップチューンと言うとゴリゴリのブレイクビーツとか多いけど、これは本当にファミコンらしいシンプルなアレンジ。

5 だんご大家族 -Groove That Stripes Mix-
ミクを使ったオシャレなエレクトロハウス/テクノポップアレンジ。かわいいんだけどややアンニュイで良い雰囲気。これ箱ででっかい音で聴いたら両手上げてうわぁ??!ってしてしまいそう。押し付けがましくないこの高揚感はかなり高評価。

6 なつうた -off vocal on Acoustic Guitar-
きたー!名曲なつうたインストアコースティックアレンジ。元々かなりの哀愁曲だったのに、さらに哀愁が増してえらいことにっ!
インストもこれはこれですごく良いんだけど、このアレンジの歌入りを聴きたかった・・・

7 Vanishing Point / たったひとつの魔法の言葉
ラストは安眠できそうなぼんやりアレンジ。音の響かせ方がニカっぽい。これ気持ち良いなあ。短いのが惜しいけど、この短さが美学とも思える。

まとめ。
多ジャンル入ってるけど、どれもこれもクセのない聴きやすいアレンジなので万人にオススメ状態。ノリも程よく車内BGMにも最適な一枚。
ボカロやや苦手な俺としてはボカロ曲も人間女性ボーカルで聴いてみたい(そんなことされたらぞっこんになってしまいそうだがw)あとバンドサウンドと打ち込み曲をきっかり使い分けてるけど、同居させたりしたら面白い音になりそうだなあ聴いてみたいなあとか思ったり。

written by いんやん
■HP:http://bluestripes.mkplus.info/special/keyring1/index.html
■ジャンル:Keyアレンジ
■頒布日:M3-2009春



Keyアレンジにこだわり続けるぶるーすとらいぷす。
男性ボーカルロックからボカロのテクノポップまで多彩な一枚。アレンジにとどまらずオリジナルのイメージソングも収録。

1.Dash in the BOX! / リトルバスターズ!
さわやかなロックアレンジ。さわやかさとボーカルさんの声の雰囲気とかがややMJっぽい。同人音楽の男ボーカルはこの手のが多いなあ。

2.Saya's Song -Groove That Stripes Mix- / Saya's Song
原曲のアンニュイな感じを生かしたボカロ(ミク)ハウスチューン。
サウンド面の雰囲気はかなり好きな部類なんだけど、ちょっとボカロが前面に出すぎてるような。もうちょっとボコーダーとか噛ませたりして遊んでくれてたら面白かったかも。まぁ俺がややボカロ苦手だからそんなこと思うだけで、アレンジの出来は良い。

3.なつうた
オリジナル曲。視聴でこの曲を聴いて即座に購入を決めました!
Airのイメージ曲なのかな。すげー良い雰囲気。しっとりしたバラード調で夏の終わりの妙な寂しさがすごくうまく表現されてる。Vo.もちこさんの声も哀愁があってたまらん。リアル夏の終わりの夕暮れで聴いたら泣いてしまうんじゃないだろうか。
この曲はもっと評価されるべき。ガチ名曲の部類。

4.沙耶の密かな恋の唄 / 朱鷲戸沙耶イメージソング
鈴のキャラソン「鈴の密かな恋の唄」の沙耶verとのこと。Vo.ミクのキラキラ系のかわいらしいポップス。

5.Ecstasy Fuga in C dur / MY BRAVE SMILE
ピコピコ全開のテクノポップ。テンション高めのアレンジなんだけどちょっと間が抜けた感じでまったり聴ける。

6.きゃぱ OVER / オーバー
やわらかな4つ打ちエレクトロポップ。音使いといいノリといい、かなり好きです。( ´ー`)またーり・・・
ついつい何度もリピートしてしまう心地よさ。GJ!

7.切り株の丘 / Last regrets
ラストは男ボーカルで〆。
しっとりした弾き語りにややアクの強いボーカル。声質的にはV系になりきらないV系とゆーかなんとゆーか。まぁ上記の通り最近同人音楽の男ボーカルに多い雰囲気。これは好みがわかれるかな。正直俺はちょっと苦手ですw

まとめ。
tr.3「なつうた」のためだけに購入したと言っても過言ではないんだけど、他の曲もしっかり楽しめた。特に打ち込み曲の主張しすぎないシンセの使い方はかなり好み。さりげない音が好きな人は一聴の価値ありですよ。
逆にバンドサウンドの曲は私的にはちょっと苦手な部類でした。ごめんなさいw

written by いんやん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。