スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QMAの壁紙あんま見かけない。
コナミって権利うるさそうだしそのうち怒られるかしら。おそろしや。

QMA セリオス QMA マラリア
コズミックワンダー風のつもり。

QMA6になってまだキャラ作ってない。
とゆーかQMAってVerUPのたびにリセットされてなんだかなぁ。
萎えるわ。
スポンサーサイト

DTMと俺

雑記
DTMの話でもしようか。

暇なので。
ごめんうそ。あんま暇じゃない。
暇じゃないからこそこーゆーわけのわからんことを書き始めるわけです。
そーゆー理屈もある。ねーよ。

いつの間にか音楽作る人になってしまったわけですが。
音楽の知識なんて悲しいほどに無い。
コードもわからん。
C?D?音楽ってドレミじゃないの?とゆーレベル。

ガキの頃にベースを弾いたのが音楽やり出した最初なんだけど。
すごく下手です。泣ける。


普段DTMとか言ってるけど、どちらかとゆーとラップトップかもしれない。
あんま複雑なことはしないとゆーか出来ない。そもそもPCスペックが酷い。金もない。根気もない。才能もない。なにもない。
リズムとかもベタ打ちして終わり。みたいな。
すごく緻密な事をしてる人とか、素直に尊敬する。

ていうか楽曲うんぬんとゆーよりマスタリングが本当によくわからん。
コンプってなんだ。音圧なんて死ねばいいんだ。
究極に独学なので、わからないことは本当にわからない。泣ける。

今、M3に向けてMM(メタルマックス)のアレンジをしてるんだけど。
すごい音が「こもって」しまって困ってる。誰か助けて。

虫歯が痛いです。

【レビュー】 Silhouette / CDPA

えろげレビュー
‐意識の壁‐
それは前に進もうとする者をさえぎる魔物・・・・・・

発売日:2004/10/01
OHP:http://www.cd-bros.co.jp/CDPA/soft/silhouette/index.htm

■スタッフ
原画:ANICD
シナリオ:MOONZERO

■歌
OP:偽りの記憶 - 林田輪朱
ED:今日の永遠 - 林田輪朱

■ヒロイン
・柚月 麻弥
・柴野 佳純
・鈴原 耀子
・神月 明日菜
・水無瀬 唯
・大滝 玲美
(声などない)

■他
(俺は)バグったけどパッチは見当たらない。



日韓合作らしい。
そのせいかどうかわからんが、テキストが変。

とゆーか色々と変。
主人公のキャラ設定もなんか変とゆーか。おかしい。
性格設定が定まってない感じ。おかしい。

日常シーンのつまらなさはもう泣けてくるほど酷い。
無駄に長い(つまらなさすぎて長く感じただけかも)とゆーのがさらに鬱にさせてくれる。

そしてギャグも涙が出るほどつまらん。
あとテキストの表示がよくバグってイライラしたんだけど、この症状俺だけ?
ちゃんと調べるのもめんどくてそのままやったけど。

よーするに、
テキストおかしい。絵ヘタ。音楽しょぼい。テンポ悪い。ギャグ寒い。
とゆー酷さ。ひどすぎだよ!


しかしシナリオのカラクリだけはすごい。
くそつまらん日常シーンから後半まさかの衝撃的展開。
ぶるっときた。

その展開だけはまさに神がかり。
鳥肌どころか血の気が引くほどの衝撃でした。



つっても、本当にその展開以外何も面白くない。
衝撃の展開をした時はギョっとしたけど、その後の展開はいまいち。なし崩し的に終わる。
せっかくのものすごい設定を活かせてない。
あとメイン軸に関わるキャラ以外のルートのつまらなさは異常。
一応全ルートやったけど、後半はただの苦痛でしかなかった。

しかし本当にびっくりする展開。
そーゆーのが好きな人はやってみたらいんじゃねーの。
ぶるっとくるよ。


written by いんやん
オトメの壁紙。
なんつーか、ヘタなエロゲのCGとかよりえちぃ。

亜乃亜壁紙 トロ子壁紙
この元画像どこで拾ったか忘れたけど、うpした人GJ。

つーか!なんでマドカの画像全然ねーんだよ!!
マドカがいいんだよ!俺は!!
「プチダノン!ゲインビー!!」
アルター ルイズ制服Ver

このアルターの制服ルイズ。発売日延期してまだかなーまだかなー早くルイズに会いたいよう。
と毎日泣いて過ごしていたら今日やっとキタ!!
台座の仕様が公式に載ってたやつと違ってる。けっこう安っぽい。

ていうか、でけぇ。
普通の立ちポーズのフィギュアの倍くらい場所取る。
そしてマントはまるで皿のようです。すげーホコリ溜まりそうなヨーカン。
リングとかなんかそーゆー小物置き場に便利!!

アルター ルイズ制服Ver アルター ルイズ制服Ver アルター ルイズ制服Ver
とりあえず写真を撮ってみた。

しかし・・・なんだこれ。
かわいいな!!!!!!うわー!どうしよう。
かわいい!!なんてゆーか、かわいい!!!!
やばいだろコレ!!

はぁ。
食べちゃいたいくらいかわいいぞ。まじで。
いっそ食べてもいいかな!
とりあえず歯形つけとくか。

アルター ルイズ制服Ver アルター ルイズ制服Ver ぱんつ
ぱんつ丸見え。

これ、一目ぼれしてソッコー予約したんだけど。満足です。
アルターは最近完成度高いなあ。
つーかゴスパンクVer.も欲しくなってきた。
どうしたもんか。

てゆーか最近ルイズより大河のほうが愛しく思う(釘繋がり)
釘宮あんま好きじゃなかったけど、大河でちょっと好きになった。
マックスファクトリーの大河欲しいけどなかなか見かけん。
あぁ、もうすぐアニメ最終回かぁ。

いつのまにかとらドラ!の話になってしまった。
せば!
まともな画質の画像が落ちてない。
コナミはダメだ。

アロエ 集合

壁紙の元絵は適当に検索して拾ってくるんだけど、アロエ率高杉。
もっとシャロンとかシャロンとか落ちてないかしら。
日がな一日ルイズのことを考えてにやにやしたりしてんだよ。
軽く独占欲すらある。
ゼロ魔好きな人がルイズ可愛いよね!とか言ってんのを見ると「な!可愛いよな!」と同意するのではなくて、「俺のほうがルイズの可愛さわかってるつーの!なんなんだお前!」と思ってしまう。

とゆーのをふつふつ考えてると、絵はどうあれルイズの中身は(声が釘とかじゃなくて)ヤマグチノボルな訳だ。ヤマグチノボルの脳内から生まれたわけだ。
ある意味、ヤマグチノボルに恋をしていると言っても過言ではない。
と思えてきた。
我ながらすげー発想。


これはもう次元を超えた恋だな。
6も出たので。
このマロンについては何も言うな!
光源とかそんな細かいこと気にすんな!バカ野郎!

おばけ萌えだけど人間イラネ アロエ マロン先生
おばけ属性あるのでサツキ萌え。ショタイラネ。
生き返ったサツキに興味はない!


バカ野郎ついでに全然関係ないけどチアキ様壁紙。
チアキ

ほにゃー。
パンコレとゆーCDを買った。
これ(amazon)
どーでもいいけどアマゾンって妙に重くて開きたくない。

こんな内容。
01. 桃井はるこ - Sex and Violence / The Exploited
02. 池澤春菜 - Basket Case / Green Day
03. 清水香里 - White Riot / The Clash
04. 門脇舞以 - Pretty FlyFor A White Guy / The Offspring
05. 田中理恵 - Anarchy In The UK / SEX PISTOLS
06. 後藤邑子 - London's Burning / The Clash
07. 桃井はるこ - Call Me / Blondie
08. 池澤春菜 - God Save The Queen / SEX PISTOLS
09. 清水香里 - Blitzkrieg Bop / Ramones
10. 門脇舞以 - Search and Destroy / Iggy & The Stooges
11. 田中理恵 - Ruby Soho / Rancid
12. 後藤邑子 - Smells Like Teen Spirit / Nirvana


新旧織り交ぜたパンクの有名曲をアニソン歌手がカヴァァァァァ!とゆー企画らしい。
ニルヴァーナってパンクか?

なんつーか、ロック系のDJがネタで使う分には面白そう。
特に4曲目の「門脇舞以 - Pretty FlyFor A White Guy / The Offspring」とか。
違う意味で盛り上がりそうだ。是非フロアで流してみたい。

つか、自分は勝手にメロだけ残して萌え萌えチューンorガチのパンクサウンドで歌だけアニメ声。みたいのを想像してたんだけれども。原曲を壊しすぎない程度のアレンジが多くて小奇麗まとまった分、インパクトに欠けた感じ。
いや、俺ごときが人様のアレンジ(しかも商業盤)にどーのこーの言うのもオコガマシイんだけど。
ごめんなさい。ごめんなさい。生まれてきてごめんなさい。

まぁ企画自体にかなりインパクトがあったので。つかありすぎたので。
変に期待しすぎました。さーせんw


つか、最後曲の「後藤邑子 - Smells Like Teen Spirit / Nirvana」
これはすごいなあ。なんだこれ。
まさかの泣き系アレンジ。これはこれで、アリかも。
でもやっぱりこの曲のサビは豪快に叫んで欲しかった感があるのでちょっと残念。


つか、実を言えばそもそもメンツが微妙。
後藤邑子は良い。つーか後藤邑子参加してなかったらスルーしたかも。
しかしモモーイいらんわ(あんま好きじゃない)
そしてなんで新谷良子(ちょっと好き)とか中原麻衣(かなり好き)とか参加してねーんだよ!
あー、なんか事務所とかの問題?(その辺あんま詳しくない)


つか、つかつか言いすぎ!
まぁいいや。
寝る。
手のひらの雪がとける頃に・・・・・・

発売日:2003/11/28
OHP:http://www.do-game.co.jp/release/soft/yuki/

■スタッフ
原画:しけー
シナリオ:北側寒囲
音楽:高橋秀紀、ミリオンバンブー

■歌
主題歌:冬のキャンバス - 有村深羽

■ヒロイン
・橘 沙紀 CV:青山ゆかり
・宗谷 美咲 CV:朝倉鈴音
・桧山 こずえ CV:紫苑みやび
・如月 玲 CV:鷹月さくら
・宗谷 美里 CV:綾有蘭

■他
特に茄子。



冬のまったりゲー。
良作。

舞台は田舎の雪国。
このゲームやると無性に北海道に住みたくなる。

これといった展開は特にない日常特化シナリオ。
雰囲気かなりよい。
またーりしつつ、ギャグも冴えてる。
この手の起伏のないシナリオにしてはテンポも良い。
日常を楽しめる。とゆー意味ではかなり高得点。


何よりキャラがかなり良い。
萌えに特化しすぎない設定。このバランス重要。媚びすぎた萌えは逆に萎える。
特に沙紀は(声優が青山ゆかり様なので)相当良い。たまらん。

あと主人公のでか文字での突っ込みがすげー良かった。
切れの良いツッコミをする主人公大好き。


個別ルートに入ればそれなりの展開はあるけど、山場としては弱い。
確実に日常のまったりがメインなのはそこは突っ込むまい。
とゆーかその展開のゆるさも含めて良い雰囲気。
ひたすら微笑ましい。
それに尽きる。


冬、とゆー以外なにも特徴のない地味なゲームなのに妙に良作に思える。

ねこねことかPULLTOPとか好きな人ならきっと気に入る。と思う。
あー、なんかこーゆーのもいいなぁ的な良さがある。
そんな感じ。


written by いんやん
最後の夏休みがはじまる

発売日:2003/08/08
OHP:http://www.light.gr.jp/light/products/bokunatu/natu_dvd.htm

■スタッフ
原画:笛
シナリオ:早狩武志
音楽:樋口秀樹

■歌
主題歌:僕と、僕らの夏 - WHITE-LIPS

■ヒロイン
・市村貴理 CV:秋本良子
・倉林有夏 CV:草柳順子
・小川冬子 CV:歌織

■他
よーするに2002/02/01発売の『僕と、僕らの夏』にDC版シナリオ+スペシャルマージ版(以下SM版)を追加したもの。
ちなみにSM版ってのはlightお得意のPC版とコンシューマ版のシナリオを足して割ったみたいなやつ。

修正ファイル
http://www.light.gr.jp/light/support/bokunatsu-dvd_faq.html

無印の修正ファイル
http://www.light.gr.jp/light/support/bokunatsu_faq.html



通称「僕僕」もしくは「僕夏」

無印から比べてかなり追加要素があるので是非完全版を。


特筆する点はゲームの構造。ザッピングが非常に効果的。
シナリオ自体は正直かなり地味で退屈なシナリオなんだけど、1つルートが終わると次は違うキャラクターからの視点でもっかい。みたいな感じで読み進める構造で、「この時この人はこんな事思ってたのか」なんて感じでなにげに奥深い。

突飛な展開はなく、青春の良いところも悪いところも両方詰め込んだ物語。
ほろ苦かったり、歯痒かったり。時々甘酸っぱかったり。
なんとゆーかリアリティを追求した感じ。


ダムに沈む田舎の村が舞台。
田舎の雰囲気はかなりいい感じ。音楽も素朴でさりげない。
キャラクターも非常に人間味に溢れていて、心理描写もうまい。
なんでもない日常こそ、ドラマなんじゃないのか。とゆーのを複数の視点を使ってうまく表現してる。
そーゆーさりげなさを楽しむような作品。

そんな感じなので展開とか演出が派手!とゆーのが好きな人は楽しめないかも。
そして歌はWHITE-LIPSにしては微妙だった。うーん。
あといくら描写が丁寧でも、やはり同じような展開を何度も見るので(視点は変わるが)ちょっとダレてくる感は否めない。


良くも悪くも地味な話。地味だからこその妙なリアリティ。
キャピキャピした萌え特化ゲーにはない、独特の雰囲気に逆に萌えた。

一言でまとめると、穴掘りゲー。やればわかる。


※SM版の攻略サイトが見つからなくてえらい苦労した覚えが・・・('A`)
苦労したくない人は↓ここを参考にするとよいです。
http://d.hatena.ne.jp/Nafta/20071003
レビューサイトさんですが下のほうに簡易攻略メモがあります。
自分で攻略作ろうかと思ったけど、ろくに覚えてないので無理でした。アーメン。

written by いんやん
アネモネ祭。
すでにアネモネじゃない。つか、もう元ネタがない。

ニルヴァーシュ typetheEND

つーわけで祭終了。
まさにthe END。

【レビュー】 Routes / LEAF

えろげレビュー
僕達は限りない可能性を捨て去って、唯一の今を選び取っていく。
その先に、かけがえのない未来があることを信じて・・・・・・

発売日:2003/02/28
ジャンル:AVG(ビジュアルノベル)
OHP:http://leaf.aquaplus.co.jp/product/other/rts.html

■スタッフ
原画:カワタヒサシ
シナリオ:永田和久、まるいたけし
音楽:岡純也、石川真也、下川直哉、中上和英

■歌
OP:Routes - 中山愛梨沙
ED:あなたを想いたい - 池田春菜
Beginning:君をのせて - 中山愛梨沙

■ヒロイン
・湯浅 皐月
・伏見 ゆかり
・リサ=ヴィクセン

・立田 七海
・梶原 夕菜

・さくや
(PC版は声なし。コンシューマは声ある)

■他
たぶんなくても平気なパッチ。
http://leaf.aquaplus.co.jp/support/sup_old.html

2003/11/28にDVD版発売。



なんかLEAFと言えばとーはと。的なイメージなんだけれども。
そんな事はない!!

Routesは面白い。
まず主人公が良い。とても愛せる。やるときゃやる。
基本のシナリオは、ねこねこのスカレみたいな世界を又に暗躍するエージェントの話。
熱いシーンとCoolなシーンと、メリハリもばっちり。
「Cool!! Cool!! Cool!!!」奴をHOTさせちゃいけないぜ。
残念ながらレンタルボディーガードの話ではない。(元ネタがわからない人は華麗にスルー)

テンポも非常に良い。雰囲気もかなり良い。
そしてもちろん笑いもあれば萌えもある。
バカポもある。バカポ好きは必見。皐月最高!!ヒャホー!
あーもう、にやにやが止まんねーぞバカヤロウ!

まじで完成度高い。コレは絶賛できる面白さ。

で!!
上記の通りスパイネタの「Routes編」と、
過去の話の「Roots編」に分かれた構造。
なにげに長い。
Airみたいな感じだろか。突然大昔の話になってあっちょんぶりけ。

その「Roots編」がまた良い。泣けてくるほど良い。
ネタバレるので多くは語りませんが、本気で名作。
読み進めるにつれてぐいぐい世界観にハマってしまう面白さ。とてもGJ!!


しかも音楽がまた良い。
中山愛梨沙はいつもいつも良い曲に恵まれてる。
LEAFの歌モノってなんかちょっと時代遅れな感じでほっとしてしまう良さがあるんだなあ、うん。
いやー、素晴らしいです。拍手。

BGMも良い。
一曲一曲のクオリティうんぬんとゆー感じじゃなくて、全体的な雰囲気が逸品。
日常系の曲とかめっちゃ和む。こーゆーBGMはもう、なんだ。もう。抱きしめてぇ!!
はぁ・・・(良い意味のため息)

絵も好きだなあ。
LEAF=みつみと甘露とか言ってんじゃねーぞ!
カワタヒサシなめんなよ!!


なんて絶賛しましたが、最後がピーでピーな、ピー。
ネタバレになるので核心には触れないけど、超展開苦手なので滅入った。
「うたわれるもの」もそうだったけど、LEAFって超展開させないと気がすまないのかしら。

しかしそこに目を瞑れば本当に名作。
そのうちにもっかいやろうかと思うくらいに。
つーかやる!もっかいやる!

じゃ、インストールするので。さいなら。


written by いんやん
発売日:2004/12/10
ジャンル:脱衣麻雀
OHP:http://www.din.or.jp/~nekoneko/ 紹介ページ消滅;;

■スタッフ
原画:秋乃武彦、オダワラハコネ、あんころもち、司ゆうき
シナリオ:秋津環、海富一、中森南文里
音楽:Elements Garden

■歌
OP:MAH-JONG - YURIA

■ヒロイン
ねこねこオールスター

■他
差分はこのへんに。
http://www.din.or.jp/~nekoneko/game.htm



はっきり言って麻雀ゲームとしてはつまらん。
バランスもたいして良くない。

そもそも脱衣麻雀ってだんだん脱がしてくのが楽しいんだと思うんだけど。
いや、違うかもしれないけど。
このゲームは一回勝ったらCGが一枚。そんだけなので物足りないような。

しかし、いつもの「おまけ」的な無茶苦茶なノリのテキストはかなり笑える。
ねこねこ好きならプレイすべき。絶対笑える。

特別ねこねこ好きとゆーわけでもない人はプレイしないべき。
たぶんノリがわからない。


とゆーか歌が最高すぎる。
脳内汚染しまくり。電波気味。つか、歌詞も笑えるw
麻雀するといつも勝手に脳内再生されて困る。

それにしても潔いタイトル。


written by いんやん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。