スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遥か古(いにしえ)の時代には(当時はラノベなんて言葉はなかった)わりと読んでました。
時期的にはスレイヤーズ全盛期あたりだろか。
フォーチュンクエストとか大好きだったなあ。画集まで買うほどに。
しかもトラパス支持。超支持。
あの頃はあかほりさとるがやたら元気だったが、いまやどこで何をしていることやら。

ロードス島、ゴクドーくん、オーフェン、etcetc...
メジャーどころからコアなのまで。けっこう色々読んだ。

んで、それなりに年老いてそーゆー文化から離れてしばし。
「ラノベとかきもい」
と鼻息荒く否定しまくってた俺が最近またラノベを読むようになった理由。


『かがみんがラノベ読むから』


お、俺も読む!ラノベ読む!
ラノベ読んで共通の話題で会話大盛り上がり!ヒャホーイ!


とゆー訳で!
ゼロの使い魔16巻!!めでたく発売いたしました!
ありがとうヤマグチノボル!!
さっそく買ってきた。


5冊。

ゼロ魔16巻を5冊買う

えー、では用途を説明いたしましょう。
・読む用
・保存用
・飾る用
・抱きしめる用
・食用

本当なら20冊くらい購入したいところですが、貧乏なので5冊で我慢しました。
さーて、とりあえず30回くらい読むか!

せば!
スポンサーサイト
10年以上放置してた俺が悪いだけなんだけどね!
奥歯とか軽く溶けてなくなって根元しか残ってないけどね!

それにしたって尋常じゃなさすぎじゃね?この痛さ。まじで。
どんだけ痛いんだよ。悪魔かよ。

きよら「だから早く歯医者さん行ったほーがいいよって言ったのに」
うっせーばーろー!女子供に何がわかるんだ!
ぺっぺ!
きよら「ひどっ!人が心配してあげてるのにっ!」

歯医者とかめんどくせーんだよー。
きよら「てゆーか!お兄ちゃん何でもかんでも先延ばしにしすぎ!!
いっつもめんどくさいめんどくさい言ってばっかじゃん!そんなにめんどくさがってばっかいるとそのうち面倒臭してくるよ!!ちょー臭いんだからね!!」


めんどくしゅう!!
はじめて聞いた。


つーわけで歯医者逝ってきます。
虫歯で人死ぬらしいから!危険が危ないから!鎮痛剤効かないくらい痛いから!
べっ別に面倒臭とやらが気になるわけじゃないから!!

きよら「ふぅ?ん・・・」
にやにや

くそう。てめ、何笑ってんだ!
ギャーギャー


とゆー感じで我家は今日も大騒ぎです。
あー・・・歯ァいてぇ・・・。
本日のアネモネ祭。一枚。

あねもね壁紙09

ぶっちゃけ飽きてきた。
がしかし、ここまできたら意地で維持してんだよ。
まだまだ続くアネモネ祭。
僕らが君に語るのは、たとえばそんなメルヘン――

発売日:2009/01/30
OHP:http://www.project-navel.com/navel/oretsuba/

■スタッフ
原画:西又葵
シナリオ:王雀孫
音楽:アッチョリケ

■歌
OP:Jewelry tears - 美郷あき
OP:Sky Sanctuary - 橋本みゆき
ED:Eternal Sky - のみこ
ED:微笑みジェノサイド - アレックス3
ED:NEON Sign - 御影クリヤ
ED:光陰の海原 - jina

■ヒロイン
・渡来明日香 CV:森谷実園
・玉泉日和子 CV:五行なずな
・鳳鳴 CV:籐野らん
・羽田小鳩 CV:みなせがわゆい

・山科京 CV:たなかりお
・望月紀奈子 CV:上田はるこ
・日野英里 CV:大花どん
・米田優 CV:井村屋ほのか
・香田亜衣 CV:沢村かすみ
・春日春恵 CV:三つ葉
・高内昌子 CV:あおいろとうこ
・アリス CV:佐々留美子
・女生徒A(林田美咲) CV:遠野そよぎ
・吉川あきら CV:青山ゆかり

■主人公
・羽田鷹志 CV:川椰桜
・千歳鷲介 CV:泉菊之介
・成田隼人 CV:縦溝精史
・???? CV:悠輝タクト

■その他
・鳳翔 CV:十利須我里
・針生蔵人 CV:鳩万軍曹
・森里和馬 CV:小池竹蔵
・軽部狩男 CV:堀畑靖
・プラチナ CV:島崎比呂
・マルチネス CV:タピオカパン
・メンマ CV:所たかし
・エージ CV:高砂$子
・LR2001 CV:魔梵
・チケドン CV:Skay bay Dan
・バニィD CV:我妻鉄生
・咲夜 CV:月代綾人
・満夜 CV:少林寺アキラ
・狂夜 CV:森本有紗
・大司教 CV:コマッチョ六本木
・牧師 CV:加藤三郎
・DJコンドル CV:塚本太鱚

■他
一応修正パッチが出てますよ。
http://www.project-navel.com/navel/service/support/softwares.html



通称「俺つば」「おれつば」

いや、ぶっちゃけた話。やんなきゃ良かったコレ。
面白すぎた。はんぱなく面白すぎた。
しばらくどんなゲームやっても、コレに比べたら・・・と思ってしまって楽しめなさそう。
なんて思ってしまうくらいに良かった。まじで。やばい。


やっぱり王氏はすごかった。
テキスト面白すぎ。久々に心の底から楽しめた。素で声出して笑ったw
つーか、ギャル言葉(つーかゆとり語?w)とかよく知ってるなあこの人。ネタの話とかも。
普通に知ってたのか調べたのか知らんけど、そこいらに転がってるライターとは比べモノにならないなこりゃ。
ギャグも冴えれば、萌えも冴える。
萌え死んだ。胸キュン死んだよ。このやろう。あんたすげーよホント。王氏おそるべし。

シナリオ自体も良かった。
とゆーか読ませ方とゆーか、演出のしかたとゆーか。そこ絶品。
まずテンポが良い。「バタン!」がテンポ良く読ませてる犯人なんだと思うが。
けっこうテキスト量あるのに、だれず飽きずに読めてしまうのはシナリオ自体よりテンポの良さのせいな気がする。

攻略が進むごとにいろんな事が明らかになっていって?とゆー感じの作りなんだけど、
さじ加減うますぎ。
シナリオの本筋も良い。重すぎず軽すぎず。
シナリオに関して、何より一番評価したいのが舞台のスケール。
この手のいわゆる「大作」的な扱いのやつってチカラ入りすぎて、やれ1000年前がどうしたとか、やれ世界が滅びるとか、やれ宇宙が膨張するとか。
なんか無意味に大げさなのが多いじゃん!
そーゆー感じじゃなくて、なんつーか自分的にすごくすっぽり納まった感じで激しく高評価。満点です。


キャラの魅力とかそーゆーの。
頭おかしいんじゃないのかっつーくらいに良い。これ以上に全キャラが立ってる作品なんてあるだろか。
めっちゃ登場人物多くて、全員にしっかり個性があって。とゆーか登場人物の大半が基地外。でも愛せるキャラクター達。どーかしてるわコレ。ほんと。
ほのぼの系じゃないのにここまで雰囲気良いとか、ありえないw

こう、なんつーの。
ギャルゲだのエロゲだの量産されすぎて、もはやテンプレ化したキャラクター配置。とはちょっと違う感じ。つか、かなり違う。
ギャルゲ作ってる人たちにこそプレイしてもらいたい。
もうどっかで見たようなテンプレじゃ萌えねーんだよ。見習ってくれ。

FDを売るために魅力的なサブキャラいっぱい用意したのかもしれんが。
王氏が関わるんだったら買ってやる。とゆーか買わせてください。FD出してください。お願いします。ペコペコ。


そして声優陣の素晴らしさったらない。
もう褒めっぱなしでちょっと褒め飽きてきたけど褒めるしかない。
全員個別に褒めちぎりたいところだけどそんなんいちいち書いてたら夜が明けてしまいそうなのでやめとく。
籐野らん!!
やっぱ最高です!!!!!
さすが俺が一番最初に名前を覚えたエロゲ声優だけのことはある。
表の世界で後藤邑子が有名になっても、ちゃんと籐野らんで活動続けてくれてるとことか、もう愛してる。


絵はまぁ、西又葵だし。
相変わらず服のセンスはすごい。
つか、わざとやってんじゃないのか?ネタなんじゃないのか?w


音楽も良い。つかアッチョリケ引き出し大杉w
BGMの幅がなにかすごいことに。

歌モノは、OPの2曲はムービーが良すぎて(フルアニメのムービーって基本好きじゃないんだけどコレは超良かった!つーかOP2とか神すぎ。まばたきすんの忘れた)、それに釣られてやけに名曲に聴こえてしまった。
ムービーなかったら「まぁまぁ良い」くらいの評価だったかもだけど。
とゆー訳でOPの2曲は名曲でした!
ED曲は微妙。
てかSky Sanctuaryは、まんまくるりのばらの花。大胆すぎる。
またえらい名曲を引っ張り出してきたなあ。懐かしい。ホロリ。



はー。褒め疲れた。

軽く100本以上はエロゲやったけど、もしかしたら1位かも。
まぁ最後ちょっとあっさりしすぎじゃね?とゆー声もちらほら見かけたけど。
ラストぐいぐい引っ張って引っ張って・・・・大感動!! 的なのはkeyにでも任せとけばいい。
これはこれで良い。

まぁ最初ちょっと取っ付きにくい感じの始まり方だけど。そのくらい全然相殺。
2回目のプレイで色々と気付いたり発見したり出来る作りとゆーのがまた憎い。
全部終わったら是非2度目のプレイをオススメする次第です。
つーか一生おれつばやってろ!



関連商品として、
2008/06/28に『俺たちに翼はない ?Prelude?』が発売してます。
先行発売FD+体験版とゆー感じの内容。
価格にしては内容が・・・って感じだけど、なんだかんだで面白いのでそこそこにオススメ。
本編とは違うムービーも見れるし。こっちのムービーも良かったなあ。まばたきすんの忘れるくらい良かった。


written by いんやん
アネモネ祭。
今さらとかコイツ一人で何盛り上がってんだとか言うんじゃない。
ぺっぺ!
アネモネ壁紙07A アネモネ壁紙07B アネモネ壁紙08

今日は恐ろしい感じのアネモネさん。
アネモネ祭。
だんだん雑になってきた。

アネモネ壁紙06A アネモネ壁紙06B

いつまで続くのやら。
まだ続いてる。

アネモネ壁紙05

そろそろネタ切れになりそう・・・。
ぜったい、わすれない・・・この想いも、あの空の色も。

発売日:2009/01/23
ジャンル:夕暮れ学園ADV
OHP:http://cotton-soft.com/gameproducts/04_amber/(直リン)

■スタッフ
原画:あんころもち、司ゆうき
シナリオ:海富一
音楽:Elements Garden、Barbarian on the groove、443、SENTIVE、Seuderia M(Peak A Soul+)、TGZ SOUNDs

■歌
OP:アンバーワールド - 佐藤ひろ美
ED:イノセントクォーツ - μ
挿入歌:琥珀の祈り - いとうかなこ

■ヒロイン
・持月 なゆた CV:松田理沙
・水那倉 智 CV:みる
・姫路 サリナ CV:蛯原ミサ
・時國 弥夜子 CV:風音

・コト CV:雪都さお梨
・天龍寺 珠乃 CV:草柳順子
・安藤 伊織 CV:一色ヒカル
・篠森 明海 CV:青山ゆかり

■男キャラ
・安藤 昴 CV:URATAYU
・須賀 恭平 CV:先割れスプーン

■他
差分
http://cotton-soft.com/support.html



通称「アンクオ」

このゲームはなんとゆーか。
ネタバレしないとレビューできない内容なので、ある程度のネタバレは覚悟で。
事前情報まったくナシで特攻したい人は華麗にスルーしましょう。







とりあえず言いたいこと。
これってある意味詐欺ゲーじゃね?
メーカーの紹介HPを見てもパッケージを見ても、普通の学園モノにしか見えないじゃん!
しかし実は異形の魔物?と戦う完全なバトル系シナリオ。
自分はこの手の内容も好きだったからいいけど、戦ったりするようなゲームはKIRAI♥ ニトロプラスとかダイッキライ!とゆー人が知らずに手にしたら間違いなくイカシンイカシン怒り心頭!!
擬装広報もここまで徹底したらスゴイもんだ。

とゆーわけでまさかのバトル展開。
本当のあらすじを軽く説明すると、

「7年前、友情を誓い合った6人の幼馴染。
 いつの間にか疎遠になっていたが、異形の魔物「異神」を退治するために再び巡り合う。
 7年前から続いていた6人の幼馴染達と「異神」との因縁が再び動き出す―」

かなり簡略したけど、こんな感じ。


一番最初、アンクオが発表された時は、
「幼馴染ネタ?リトバス?」とか思ったけど全然違った。
むしろ、それなんてあやかしびと?って感じでした。

世界観とか舞台とかキャラの設定とかはけっこういい線いってると思う。
なんかどっかで見たことのあるようなのばっかりだけど。

まぁ良くも悪くもあっちこっちからオマージュしまくりすてぃー。
好きなメーカーなので贔屓目もあるかと思うけど【悪意のあるパクリ】とゆーよりは【ラヴ!なオマージュ】って感じがするので全然おk。
むしろ元ネタ探しとか好きな自分的にはこーゆーのはこーゆーのなりの楽しみ方があると思うのでその辺どーこー言う気はない。
寄生獣ネタとかむしろ嬉しい。懐かしいなあ。


つーか!とりあえずOP曲良すぎじゃね?
ここにまた、名曲誕生。
毎日聴いてる。
あとラストシーンの挿入歌の使い方うまい。
コットンはいつも挿入歌(もしくはED曲)の使い方が絶妙。さすがです。

しかし戦闘シーンのBGMが、惜しい!実に惜しい。
まぁまぁには盛り上がったけど、ちょっと熱さが足りなかったような。
日常シーンの音はさすが。良かった。いつもながらの安定感。


そして個別ルートの安定感のなさ!泣けてくる。
トモシナリオは良かった。ラストシーンは熱かったし。文句ない。

しかしなんだ。サリナとミコ姉ひどくね?
とくにサリナは本当に酷い!!
支離滅裂でまとまりのないテキスト。素人が書いたんじゃないのかと思えるくらい酷い。
シナリオ自体もつまらんし、テキストもヘタ。救えない。
全然何も伝わってこないし、展開も唐突すぎて( ゚д゚)ポカーン
サリナとかキャラ的にはかなり気に入ってたので、mjd!!残念。死ぬる。

ミコ姉ルートは一応このシナリオの必要性みたいなものは感じたけど、いかんせん読ませ方がヘタ。
不必要な場面が多いし、いまいち感情移入できない。

本筋のなゆたルートは良い意味で裏切られる展開で、ぐいぐい読めてしまった。
なゆたルートだけの話をすれば、中だるみもないしすげー高評価。
面白かった。断言できる。
なんでこのクオリティで他のキャラのシナリオも作らなかったのか。
激しく悔やまれる。

つーかバトル系のシナリオの割には肝心のバトルシーンの描写が弱い。迫力が足りない。
逆に日常シーンの描写はさすがにうまい。


CGのクオリティは高い。相変わらず丁寧。
しかしバトル系のエフェクトはちょっとテンポが悪かったような。
特に神経ワイヤーは演出は良かったけど、もっとスピード感があればさらに良かったんじゃないでしょか。
もっとカットインとか使えばさらにカコヨクなったんじゃないかしら。惜しい。


はっきり言って、すごく惜しい作品。
シナリオの本筋だけ見ればかなり面白いと思う。完成度も高い。
しかしサリナとミコ姉(特にサリナ)のルートがそれを台無しに。ここで大減点。完成度ガタ落ち。
もったいない。あぁもったいない!

まぁOP曲が良すぎたので、なんとなく良いゲームでした。的な印象。
そう考えるとOP曲の影響力ってすげーな。

しかし、7年前の異神のあの姿は一体なんだったわけ?w
あいつだけおかしくね?w


written by いんやん
一緒に世界を救おうね!

発売日:2005/05/27
ジャンル:ドキドキわくわく魔女っ娘バトルADV
OHP:http://www.pajamas.ne.jp/pricchi/index.html

■スタッフ
原画:かんなぎれい
シナリオ:しげた
音楽:アメディオ

■歌
OP1:I'll try my best!! - 中山マミ♥U-KO
OP2:Refrain - NANA

■ヒロイン
・クルル CV:大波こなみ
・委員長 CV:手塚まき
・雀宮林檎 CV:朝宮咲
・春日かれん CV:北都南

・リリアン先生 CV:友里杏

・シンシア・ルーセル CV:杉沢結花
・セシリア・ミューズリー CV:木村あやか
・メイヴィス・ウィンスレット CV:三咲里奈
・アスナ CV:なかやまめぐみ

■他
サポート関連はこのへん
http://www.pajamas.ne.jp/support/index.html

『プリンセスうぃっちぃず EXCELLENT』とゆー色々追加要素アリな上にお買い得価格な廉価版(?)が出てます。
もう通常版買った人負け組じゃね?とゆーほどにEXの方が良いと思います!



通称『プリっち』
EXCELLENTの方は『プリっちEX』らしい。なんのこっちゃ。

テンション高めのおバカ系ドタバタラブコメ。
で終わるのかと思いきや、後半は意外な怒涛の展開を見せる。

前半?中盤まではパテにゃん的なコミカルで和気藹々なノリ。テンポも良い。
しかし「いかにも」すぎるテキストとキャラのノリにちょっと引いてしまったり。
でも黄色いノリに慣れてさえしまえばかなり楽しい。
ギャグも幼稚でバカっぽくて良いし、掛け合いもかなり笑える。
何より恐ろしくノリが良いのでテンポ良くサクサク読める。


んで中盤?後半の「魔女界編」はネタバレるので多くは語りませんが。
前半のキャピキャピしたノリはどこへやら。
死んだり殺したりするシーンとかあるようなかなりシビアな重いシナリオ。
事前情報なしで後半突入するとギョッとする。

魔女界編ムービーは、OHPでDLできるけどプレイ前には見ないほうがゲームを純粋に楽しめるかと思われる。
「え?こんな展開すんの?」と素直に驚くべき。
(これを読んだ時点ですでに驚けないじゃん!とゆー意見は禁止)

自分的にはこーゆーのも好きなんだけど。
シリアスな展開のわりにはちょっとノリが軽かった感じ。
いまいち残酷さとか悲惨さとかは伝わってこなかった。
どーせこんな展開するならもっとどっしり描いてくれたほうが良かったなあ。

しかし良くも悪くも後半シナリオのおかげで印象には残った。


キャラが立ってるとかそーゆー点は◎。
主人公もバカでノリノリでけっこう愛せるキャラ。
各ヒロインも可愛い。
しかし委員長の名前がスタッフロールまで委員長ってのがすごい。
本名ねーのかよw
つーか林檎の扱い酷すぎじゃね?


演出とかその辺のクオリティは高め。けっこう派手。
バトルシーンのエフェクトとかもそこそこの仕上がり。

各話毎の頭にOPが入って、最後に次回予告があるタイプの作りなんだけれども。
OP曲がイマイチだったので何度も聞かされてちょっとうんざり。
まぁこの手の演出の仕方は好きなので許す。


音楽もそこそこのクオリティ。
ハッピー系の曲とバトルの曲と悲壮感のある曲とほのぼのな曲と。
シーンごとにメリハリの効いた選曲。

戦闘パートがなにげに結構面白い。
カードバトル方式なんだけど、コンボを繋ぐのが結構楽しかった。
しかしちょっと慣れると簡単に敵倒せちゃうのでやり込みできるほどのもんでもない。


総評。
上記の通りけっこうシビアなシナリオがあるので、ほんわか系を求めてプレイしたら面食らうヨーカン。
ある意味スケールのでかいシナリオ。
なんか賛否両論あるようですが、結局何がしたかったわけ?的な中途半端な内容よりは全然良いと思うです!
自分的には後半の展開は嬉しいサプライズだった。

余談。
「気にしないで、私は平気」
あまりの使用頻度に笑ったw


written by いんやん

M3受かっちゃいました

サークルかつどう
なんかM3受かったようなので参戦するです。

メタルマックスのアレンジCD作る予定。
予定は未定。

まだまだ先の話ですが、よろしくです。
いじょ!

「満開の桜の下――僕らの…最後の演奏会が始まる――」

発売日:2007/08/24
ジャンル:大正幻想、妹看護アドベンチャーゲーム
OHP:http://www.pajamas.ne.jp/piano/index.html

■スタッフ
原画:とろろ
シナリオ:若瀬諒
音楽:Manack

■歌
OP:此の花咲ク頃 - 榊原ゆい
ED:ちる はな さくら - 榊原ゆい

■ヒロイン
・神森 櫻乃 CV:榊原ゆい
・木花 CV:榊原ゆい

・黒猫 CV:牛込亀男&成瀬未亜

■他
プロテクトの誤動作について↓
http://www.pajamas.ne.jp/support/index.html



略称は「ピののの」らしい?よくわからん。

とりあえず、短い。
まぁ価格的にも微妙に安いので。そーゆー扱いかなと。

立ち絵のある登場人物が2名(攻略ヒロイン)と猫一匹だけ。とゆー潔さ。
声優も基本的にしゃべってるのは榊原ゆいだけw どんだけコスト節約してんのかと。
そして歌も榊原ゆい。

これはもう榊原ゆいハァハァな人なら、ハァハァできるからいいんじゃないですか。
おまけで榊原ゆいのインタビューとからくがきとかなんか色々入ってるし。
なにげに結構絵がうまくてワロタ。


作品自体の雰囲気は良い。静かな世界で儚げな感じ。
シナリオとゆーか世界設定もわりと良い。
つーか火の鳥じゃんw

しかし、あっさりしすぎとゆーかボリューム不足とゆーか。
あんまし印象に残るような内容ではない。
最後の最後をもっとこう、ひとひねりあったらかなり印象変わったと思うんだが。

すらすら読めてしまうので息抜きゲーとしてオススメる次第でございます。
とゆーか完全な妹ゲーなので妹属性のない人は手を出さぬが吉。


タイトルからしてピアノ音源のBGMばっかなのかと思ったらそうでもなかった。
BGMの質はぼちぼち。しかしせっかくこーゆー雰囲気のゲームなんだからもうちょいそれっぽくしてくれたら良かったなーとか思いつつ。

すぐ慣れたけど、目のフチ?なんつーの?まぶた?わからんけど。
そこが赤いのが最初けっこう気になった。これは何で赤いんだろう。


つーわけで、いろんな意味で薄い。
薄ゲー。


written by いんやん
そして祭はまだまだ続く。

アネモネ壁紙03 アネモネ壁紙04A アネモネ壁紙04B

だんだんアネモネの意味がなくなりつつあるような・・・

元絵になる画像をけっこう探したんだけど、アネモネの画像って案外少なくね?
主役なのに。おかしい。
世の中がおかしい。アネモネは正しい。
一人で勝手にアネモネ祭。
つーわけでまたエウレカセブンよりアネモネの壁紙。

アネモネ壁紙02

そんだけ!
久々にバレエ・メカニックを見たらアネモネにやられちまったので。
イキオイで。
エウレカセブン アネモネ壁紙01

アネモネたまらんな!
泣ける。

ところでエウレカセブンのセブンって何?w
目があった

今日の一枚。


あぁ、諸行無常也。

そんだけ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。