スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C75じょーほー

サークルかつどう
C75サークルカットちと遅くなりましたがC75の話をば。

サイトのほうにも載せましたけど、いちおこっちにも。
二日目 西2 け-02a
またしてもマブさんのサークル「インタレスト」に委託。とゆー形での参加です。
←サークルカットはこんなん。

マブさんのコスプレROMはまだ全然準備すらしてねーよみたいな感じで、果たして間に合うんだろうか・・・。たぶん咎血がメインにはなると思いますが。
こんなサークルカットにしてしまったのでそーゆー内容になればいいかなーと。

ちなみにマブさんのコスROMは撮影からなにからなにまで基本的に全部自分が作ってます。(サークルカットも)
興味あったら手にとってみたらいいじゃないですか!

▼CDはこんな感じになる予定です。
タイトル『let ride on the back beat』
01. 銀色 (Air)
02. ほしのまち (ドラえもん -ギガゾンビの逆襲-)
03. 悠久の風 (FINAL FANTASY III)
04. カタリナのテーマ (Romancing Sa・Ga3)
05. はぐれ雲のブルース (この青空に約束を―)
06. 残光 (KANON)
07. City (SIM CITY)
08. 親愛なる友へ (FINAL FANTASY V)

ジャケは今回も695が描いてくれました。多謝!
695のサイトはコチラ>http://6saka.sakura.ne.jp/(18禁)
let ride on the back beat
また、よろずゲーム音楽アレンジ集です。
全8曲でエレクトロニカ気味のチルアウトって感じですかねぇ。なんて言ってもよくわからんですね。
なんとゆーか、眠気を誘う雰囲気です。
サンプルのmp3を3曲用意したんで、メインサイトからどぞ。
全曲クロスフェードデモとかが最近は主流みたいですが、そんなの作るの面倒なので許せ。

スポンサーサイト
もうすぐ、さいごのナツが、メグってくる。

発売日:2007/02/02
OHP:http://www.cotton-soft.com/gameproducts/01_natsumegu/index.html(直リン)

■スタッフ
原画:司ゆうき
シナリオ:木緒なち、やなちぃ、渡辺僚一
音楽:Elements Garden、まにょっ(Little Wing)、Barbarian on the groove、DreamingRabbit(MASA)、なるちょ、Shim、館内、Mogurer

■歌
OP:ナツメグ ?Precious Last Summer? - YURIA
ED:巡夏 - KAKO
挿入歌:LAST SUMMER - YURIA

■ヒロイン
・東雲 由佳子 CV:夏野こおり
・野島 ほとり CV:佐本二厘
・乾 実梨 CV:青山ゆかり
・小早川 円 CV:まきいづみ
・セリス・アルフォード CV:韮井叶

■他
差分はこのへん↓
http://www.cotton-soft.com/support_n.html



コットンの第一弾。

ねこねこと比較してはいけないのであります。
別ブランドなのであります。

とはいえ、やはり作風とゆーか着目点とゆーか。目標としてるポイントは似てる。
特別何がどうしたってんじゃなくて、日常に重点を置いた感じの内容。

『由佳子が夏休み終わったら転校するので思い出作りをする』とゆーシナリオ。
あらすじの時点で別れが決定してるとゆーのもすごい。

設定はどうあれ共通ルートはドタバタ学園モノ。
個別ルートはそれなりに。まぁ普通のギャルゲーって感じ。
全体的に漂う雰囲気は良い。シゲオはいい男だ。

もう設定からして完全に由佳子がメインヒロイン極まりないんだけど、隠し玉が存在するわけで。
扱い的にはみずいろのひよりんみたいな扱い。
突然ファンタジーになって泣きシナリオ。
ネタバレるので多くは語るまい。


絵は丁寧。普通にかわいい。

音楽はそこそこ。
プレイ中は普通に良いなあって思ったけど、サントラで何度も聴くほどでもない。
でも巡夏はガチ。

総評。
キャラもシナリオもなんとなくありがちすぎてそこまで印象に残るようなゲームじゃない感じ。
良い作品だとは思うんだけど、フェイバリットには成り得ない。とゆーくらいの良さ。
無難な学園モノ。とゆー感想。


written by いんやん
この街で今起きる たった一つの奇跡

発売日:2007/12/21
ジャンル:ハートウォーミングアドベンチャー
OHP:http://www.nona.dti.ne.jp/d-space/sp/cloverpoint/

■スタッフ
原画:yuyi
シナリオ:J・さいろー、星野真樹
音楽:Angel Note

■歌
OP:クローバー - みとせのりこ
ED:Green Road - kala

■ヒロイン
・小鳥遊夜々 CV:みる
・稲森真星 CV:一色ヒカル
・柏木月音 CV:芹園みや
・日向美緒里 CV:草柳順子
・シロツメ CV:深井晴花

■他



略称はたぶん、クロポ。

一言で言うと、妹ゲー。
二言で言うと、超妹ゲー。

この作品を最後にMeteorは解散してしまったので、そう思うとけっこう感慨深い作品である。

シナリオもテキストもキャラクターも全部、いかにもエロゲ!とゆー感じ。
ギャグをまじえたほのぼの日常から個別の後半はちょっとシリアスになって、最後は奇跡が起きて終わり。とゆー。一昔前の黄金パターン。
タイトル通り、クローバーが奇跡を起こす。


実妹がメインヒロインなのでその辺の設定は萌え。
でも夜々の甘えっぷりとかは狙いすぎな感じでいまいちノりきれなかった。
それなりには萌えたけど、肌に合わなかったのかなんなのか。盛り上がり切れなかった。
やっぱ狙いすぎはダメだな。

学園モノで、寮生活とゆー設定なのでそーゆーのが好きならきっと楽しいと思う。
寮生活って設定を活かした和気藹々な雰囲気は良い。

個別はどのルートも展開が唐突すぎていまいちダメだった。
無理矢理クローバーを結び付けてるような感じでちょっと無理がある。


絵も音も並。シナリオも並。
なんでかわかんないけどそこはかとなく二流な雰囲気のするゲーム。

プレイ中はそこそこ楽しめたけど、終わった後たいした印象も残らなかった。
なんかそーゆー作品多いな、最近。

つーか部屋が寒くてタイピングするのがおっくうなのでもう寝る。


written by いんやん

[C75]当選・・・

サークルかつどう
なんかマブさんが当選したらしいです。
コスプレエリアって競争率低いのか・・・?

つか、またコスプレエリアで委託か・・・
またちょっとエロいレイヤーさんに囲まれて。
場違いな音系同人が・・・
まぁいいか。

( ´ー`) ・・・マターリ

とゆー訳で前言撤回、冬コミ参戦です。
kwskは近日中に。

ってな感じでよろすこ!
死に直面したとき 残された時間の中で 日々の大切さを知った

発売日:2004/07/23
OHP:http://fandc.co.jp/product/wb/

■スタッフ
原画:橋本タカシ
シナリオ:草薙こうたろう
音楽:OdiakeS

■歌
OP:遠い背中 - ?
ED:未来のカタチ - ?

■ヒロイン
・一ノ瀬未緒 CV:夏野こおり
・浅葉ののか CV:かわしまりの
・春日美乃 CV:草柳順子
・遠峰凪沙 CV:一色ヒカル
・柊歩 CV:風音

■他
特になし。



まず特筆すべきはCGの美しさ。

以上。
それだけのゲーム。

主人公が卒業までに死ぬ。
とゆー初期設定からして一体なんの意味があったのかよくわからん。
こなかながうけたからまた同じような設定で作ろうとか思ったんだろうか。わからんけど。
いまいち盛り上がらないシナリオ。

ワンシーンごとに区切る見せ方も逆にテンポが悪くなってるだけの気がしてならない。
なにかこう、淡々としてる感じ。

そしてキャラクターもいまいち。
たしかにイベントCGも立ち絵も恐ろしく丁寧でクオリティは高いんだけど、クオリティが高ければ魅力的なのかといえばそーゆー訳でもない。
CGの綺麗さと萌えはイコールじゃないとゆーのを身をもって感じた。


シナリオもキャラもなにもかも。
全体的に、地味。
地味な上に、リアリティ特化してるわけでもない。面白みがなにもなかった。

強いてまとめるなら退屈なゲーム。
しかしCGのクオリティだけは本当にすげえ。
いじょ!


written by いんやん
だそうです。

冬コミ落ちますた。
MUNEN('A`)

つーわけで新刊はイベント販売ナシよ。
次のM3行けたら行くかもしれんけど。未定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。