スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■HP:http://www.cosmicjoker-records.com/
■ジャンル:オリジナル(ミニマル/グリッチ/アンビエント)
■頒布日:M3 2012春



A-kiba君のソロCD
1~3が全く同じ曲で4は無音、5~7がまた同じ曲。タイトルも同じ
コアな感じのデジタルアンビエント
なにより完全なループ曲を3回続けるという発想がすごい
Last.fmの再生回数詐欺ができるな!

written by いんやん
スポンサーサイト
Fractaleline / We Circulate
■ジャンル:オリジナル(テクノ/ハウス)
■頒布日:M3 2011秋



ゆるめな感じのテクノ・ハウス系アルバム
全体的に音がやわらかいというか、心地よい感じにまとまってて垂れ流しに最適な一枚。よくよく聴くとけっこういろんなことをしてるんだけどなぜか統一感がある。音の雰囲気のせいかしら。
主旋律らしい主旋律のない曲が多くて、ループを強調した4つ打ちらしい4つ打ち。のわりにはかなりメロディアスなところが面白い


written by いんやん
Siestail / ガチテクノ・ブレイク
■ジャンル:オリジナル(テクノ)
■頒布日:M3 2011秋



7名9曲によるテクノコンピ
各々の考えるガチなテクノ、ということだけど・・・なかなかにフロア向けでかっこいい。派手なシンセがブイブイ言ってるのよりひたすら単調でコアなリズムで踊らせるテクノが好きな俺的はかなりツボです
特に7曲目がクソかっこいい!これこそガチだわ
1000円だったから悩んだんだけど(貧乏すぎる発想!)買ってよかった

written by いんやん

【同人音楽レビュー】 RMT / ten.

同人音楽CDレビュー
RMT / ten.
■ジャンル:オリジナル(インスト)
■頒布日:M3 2011春



自分とこのCDのレビューってのもおかしな感じですが
まぁコンピなのでライナーノーツ兼感想みたいな感じで

コンピを作ろうと思ったきっかけは忘れてしまった、まじで
たぶんTwitterとかイベントで知り合いが増えてこの辺の人達を集めたらいいコンピが出来そう!とか思った・・・んじゃなかろうか、たぶん
んで、もうすぐ10枚目だからじゃあキリ番記念でちょうどいいじゃん、みたいな、たぶん


タイトルはあれこれ悩んで、結局シンプルに10枚目で10曲なのでten.にしました
tenだから点を付けてten.というふざけたタイトル。もはやダジャレのレベルですね!

前にも書いたけど「Relax-Open-Enjoy」は真心ブラザーズの曲名からの引用です
いつもこういうコピーはフィッシュマンズから引用してるんだけど今回はコンピなので変えてみました


●01:Nostalgia - つる / Juvenile
やさしいけどちょっと切ないようなピアノ曲、まさかピアノソロが来るとは思ってなかったので驚いたけどすげーいい曲ですね!さすがつるさん。曲順を最初にするか真ん中でインターミッション的にするか最後にするか悩んだ結果、最初にもってきてよかったなーと思います

●02:better better - いんやん / RMT
(^o^)わたしです。いつものほのぼの系ですね。なんかもうあまりにもベタベタな曲になったのでそういうタイトルです。ひでえ。またダジャレかよ!聴いたらわかるかと思うけどパッヘルベルのカノンをかなり意識してます

●03:湖鏡 - purikoko / あまつぶ
あ、あまつぶー!あまつぶー!好きだー!purikokoさんの曲は良質なゲーム音楽という感じで安定した雰囲気がありますね!永遠に聴いてられるくらいすげー落ち着く

●04:澪 - yuca / Rhaplanca*
やや民族調なきれいな曲、こういういわゆるドラムレスの曲が作れるのすげーうらやましい、和む

●05:Reel More Traverse - 大臣 / Zephyr Cradle
大臣さん!大臣さーん!オリジナルなんて何年も作ってねーよ!と言う大臣さんに無理やりお願いしたわけです。アレンジでもオリジナルでも変わらず大臣さんは大臣さんですね!落ち着いた雰囲気でありながらこれだけ盛り上がりがあるってのがすごい

●06:woolgathering - ちゃぼ / NMB
オシャレさん!この曲が一番わかりやすいリラクシングミュージックではないだろか、いやわからんけど

●07:Another Sky - ヲカザキ / signal+noise
いつものフュージョンをさらにゆるめにした軽く聴ける感じのトラック、じわじわ展開していく感じが良いです!個人的にsignal+noiseのすごいファンなので大変に嬉しいです

●08:nanukaro pt3 - luco / くらげきくらげ
10人で10曲とか言いながらこれも(^o^)わたしです。全然浸透してない別名義ですね!とは言え音楽性で使い分けてるわけではないのですげー似たような曲になってしまった。この曲はリアレジを繰り返して遊んでる曲です。これがpt3で、pt1は没って未公開、pt2とagainがサイトに置いてあります。なにげにいんやんの曲よりこっちのが気に入ってたりします

●09:Twilight streetlamp - kaizaiku / NSd.
ベースが印象的な・・・こういうのはなんていうジャンルなんだろう。夜っぽい感じがいいです

●10:sigh away - じょにー / ぶるーすとらいぷす
想像以上にガチっぽいエレクトロニカでした!こちらも夜っぽい雰囲気だったので最後に収録させていただきました!


という10曲です
RMTでコンピを作ったのは初めてだったけどテーマ決めてみんなで曲を持ち寄るというのは楽しいですね!
しかしこういうのはガラじゃないのでしばらくはまたゲスト呼ばない呼ばれない孤立無援のサークルで活動すると思います、ゲストと言いつつ自分!というのはたまにあるかと思いますが・・・
音楽的な方向は違うけど、落ち着いて聴けるって点では同じ方向でけっこう面白いCDになったんじゃないかなーと自分では思ってます。なんでもない時のBGMに最適な感じでまさにコンセプト通り!だと思います、たぶん

written by いんやん
In a fog / Into the blue
■ジャンル:オリジナル(インスト/ピアノ)
■頒布日:M3 2010春



ピアノ音源を基調としたインストアルバム。青がテーマなのかな。たぶん。ピアノと言っても全曲ピアノオンリーというわけではなく普通にリズムも弦楽器の音も入っていてあくまでもピアノを主体としているだけ。

●1. カノジョのウタ -her song-
やや悲しい感じのピアノ曲。印象的なメインフレーズが耳に残る。

●2. スパイラル -spiral-
いろんな楽器を使った曲。BGMにするにはやや激しいしノリノリで聴くにはおとなしい、かなぁ。

●3. 雪が降る -red fruit-
ゆったりしたピアノメインの曲。日常っぽくて良い雰囲気。

●4. ハッピーエンド主義 -WALKING!!-
曲名が良い。なんていえばいいのかな。ジブリっぽいつーか、なんつーか。奇妙な小道を散歩してる感じで面白い。FFのドワーフの曲にも似てる。

●5. 時間遡行 -story-
すげーいい曲。前半は優しい感じだけど後半はいつの間にか淋しくなってる。個人的には逆の方が良かったなw

●6. 日常の風景 -fantastic world-
タイトル通り青空が似合いそうなぽかぽかな日常サウンド。

●7. 河の流れ -riverside-
田舎の川って感じ。しっとりまったり。

●8. 説得力 -Persuader-
やや緊迫感のあるソリッドな曲。けっこう好きだなーこの曲。

●9. さよなら -see you again-
〆は文句なしの名曲。卒業式かなにかを彷彿させるようなせつなあったかい雰囲気でやばい。フレーズも印象的で何度もリピートして聴いてしまった。シンプルなリズムもまた良い!これは浸るワー(´ω`)

何かのサントラのような一枚。一曲一曲がすげーわかりやすくて、この曲はこーゆーシーンにぴったりだなーって感じで場面が自然に浮かんでくる。何かのサントラみたいなBGM系の音はけっこうあるけど、ここまでくっきり場面が浮かんでくるのもめずらしい。これはもうサウンドドラマと言っていい領域じゃなかろうかw 私的にはラスト曲が桁外れに良い。すごい聴いてる。泣ける。

written by いんやん
Zephyr Cradle feat. TAM / Zephyr Violin Duo
■ジャンル:ゲームアレンジ(インスト/バイオリン)
■頒布日:C78



タイトル通り前作から引き続きTAMUSICのTAMさんを呼んでのKeyとスクエニのアレンジCD。前作も良かったけど今回もまた快作!

●01 Gentle Jena -はじまりのおと-
planetarianの名曲。大幅なアレンジはせずに弦楽器を追加することでよりやわらかい雰囲気に仕上がってる。導入としてもナイス選曲

●02 My Soul, Your Beats! -Zephyr Violin Edition-
まさかのAB!原曲もぶわーっと広がる雰囲気だけどそれに輪をかけて広がりのある音に。リズムうまいなあ。見事にハマってる。

●03 新しき世界 -Unison of the Violization-
FF5の第3世界のフィールド曲ですね。原曲は不安な感じの曲だけど勇ましい感じにアレンジされてる。初聴時はそうでもなかったけど何度か聴いてたらすげーかっこよかった。

●04 風を待った日 -little wish-
kanonの寂しい曲。これも大幅なアレンジはせずに原曲を維持しつつより豪華にした感じ。ベースが入ってくるあたりからの盛り上がりが気持ちいー。

●05 時の回廊 -summer horizon-
クロノ来た!これ今作で一番好きかも。一音一音がよく生きてるしリズムもクールですごく良い。ずっと聴いてられる。

●06 angel's night -祭りの後-
聖剣2ですね。正直あんまり覚えてないw いきなり激しくなるところがかっこいい。

●07 風の辿り着く場所 -day after tomorrow-
kanonのED曲。これはまたずいぶんとしっとり静かなアレンジ。ゆったりまったりいい感じ。名曲はどうアレンジしても名曲なのである。

前作よりさらにバイオリンが強調されてる気がする・・・けど気のせいかも。
テーマは夏の空とゆーことらしいけどあえてAirアレンジを入れてないのが面白い。なんにせよかなり聴きやすいので誰にでもオススメ。弦楽器とかこーゆー感じの音が好きなら原曲知らん人でも十分楽しめるんじゃないのかな。
私的には電子音なしのインストとゆーことで邪魔にならないBGMとしてかなり重宝してます。やっぱりこの手の音は聴いてて疲れないので良い。

written by いんやん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。